【2022~2023】通販でのメガネ/サングラス購入イメージ 『MINX[ Resonance ]』の場合 I METRONOME

【2022~2023】通販でのメガネ/サングラス購入イメージ 『MINX[ Resonance ]』の場合 I METRONOME

こんにちは、ロンドンからスタートしたメガネ/サングラスブランド、「METRONOME®」を販売するMETRONOME DESIGN INC.の日本オフィシャル通販サイト、METRONOME-Tokyo OnlineのOKDです。

当サイトではオリジナルブランドのメガネ/サングラスをはじめ、コラボ商品、週のケース類など、さまざまな商品をご紹介しています。

通販サイトですので、オンラインで購入-宅急便でのお届けとなります。または全国各地に正規取扱代理店がございます。お近くに代理店あるようでしたら、ぜひそちらもご利用いただければ幸いです。

 

目次

  1. はじめに

  2. Resonanceのメガネ/サングラスを買ってみよう!

  3. おわりに

  

1.  はじめに

みなさん通販サイトでメガネ/サングラスを購入するとなった時、不安や疑問点って多くないでしょうか。付属品は何がつくのか、サイズは合うかどうかなどたくさんあると思います。実際の店舗であれば実物を手にとって、確認できますが通販サイトでは画像やテキスト情報で判断せねばなりません。

そこで今回は、当ショップ(通販サイト)でサングラスを購入すると、どんな感じで届くのか?について書いていきたいと思います。メガネの購入時に付属するものといえば「メガネ/サングラスフレーム本体」、「メガネ拭き(いわゆるセリートと呼ばれるもの)」、「専用ケース」です。当サイトのブランド商品も、基本的にはその3点セットが付属します。(それらを専用の外箱に収納し、梱包した上でご指定住所までお届けします。)

余談ですが、紫外線量は年がら年中存在し、外出時にはサングラスの着用がおすすめです。

当ショップでも独自ブランドのメガネ/サングラスを通販という形で販売しております。ネットでメガネやサングラスを買う時に、やはりサイズや質感が気になると思います。当ショップでは商品それぞれについて、あらゆる角度から撮影した画像を掲載しておりますので、ご参考になれば幸いです。 

また、参考動画もありますので、(跳ね上げがどういった感じで動くのかなども観れますよ!)ぜひそちらもお気に入りのメガネ/サングラス選びの際にご利用くださいませ。

 

 2. Resonanceのメガネ/サングラスを買ってみよう!

改めて、今回は「商品購入イメージシリーズ第2弾」ということで、Resonanceのアイテムを買ったらどういった感じで届くのか、をご紹介していこうかなと思っております。

今回はMINX [Resonance 2021]のC1 : Black x Greenの場合です。 お届けの際は緩衝材などに包まれた状態で段ボール箱に梱包され、ご自宅などへ到着します。

そして段ボール箱を開けるとこのように専用外箱を取り出せます。(こちらの外箱もブランド専用にデザインされたオリジナルです)

(専用ケースに入れて商品をお届け)

その外箱を開けていくと、オリジナルセリート(メガネ拭き)とオリジナル付属ケースが出てきます。 ケース、メガネ拭き、それから本体のメガネ購入時の基本の3点セットですね。

(外箱(左上)、セリート(右上)、オリジナルケース(真ん中))

黒い、「Resonance」とブランド名が書かれたオリジナルケースの中にはご注文商品が入っております。(実際は、フレームが傷付かぬように、保護用のビニールに包まれておりますが、このブログでは既に外した状態でご紹介しております。)

*なお、Resonanceシリーズの商品の中で、『Infected』というモデルのみ例外となっております。『Infected』のフレームサイズが本商品の特徴であり、写真に写っているような黒い・純正Resonanceケースには入らなくなっております。

『Infected』に限り、METRONOMEソフトケースに入れて、発送いたしますのでご承知おきいただきますようお願い申し上げます。

それ以外のResonanceに所属するフレームは同じ付属品がフレームと一緒に届きます。メガネ拭き(セリート)ですが、こちらもブランドオリジナルのデザインとなっております。

(MINX [Resonance 2021] C1 : Black x Green)

さて、最後になったしまいますが、改めてResonanceというブランドについてもお話しさせてください。Resonanceは素材、製造工場を見直しコストパフォーマンスを高めたおしゃれメガネ/サングラスを数多く展開しております。

Resonance by METRONOME®︎

2021年、要望が多かった意見「いいけど高い」「このデザイン性で安くして欲しい」「もう少しかけやすいものを」と言った日本側の意見を取り入れた、METRONOME®︎のセカンドラインとなります。

テーマはブランド名の通り「共鳴」。誰にでも響きやすいように、METRONOMEのテイストを少し「響きやすく」したデザイン、手頃な価格を実現しています。

 

 

 3. おわりに

このセット使用はResonanceのブランドシリーズ統一です。(例えばBLASTなどをご注文の際もケース・セリートが付属します。)※(元祖)METRONOME、Trad Eyewearの場合はまた違った付属品となりますのでご了承くださいませ。

*先ほどの記載した通り『Infected』というモデルのみ例外です。

その他のブランド(元祖)METRONOMEを購入した際のイメージはこちらでご紹介しております。

Tradについてはこちらのブログでご紹介しています!

今回ご紹介したMINXの詳細はこちら

それでは!

関連記事

【2022~2023】通販でのメガネ/サングラス商品購入イメージ。話題の丸眼鏡 『Lily [ Trad ]』の場合 I メトロノーム

【2022~2023】通販でのメガネ/サングラス商品購入イメージ。話題の丸眼鏡 『Lily [ Trad ]』の場合 I メトロノーム

【2022年・日本国籍者向け】日本から海外旅行/出張にいく際に準備すべき物/こと。

【2022年・日本国籍者向け】日本から海外旅行/出張にいく際に準備すべき物/こと。

【2022~2023】通販でのメガネ/サングラスのご購入イメージ ・跳ね上げ&丸眼鏡『Summer Rain[ METRONOME ]』の場合 I メトロノーム

【2022~2023】通販でのメガネ/サングラスのご購入イメージ ・跳ね上げ&丸眼鏡『Summer Rain[ METRONOME ]』の場合 I メトロノーム