ABOUT

〜我々がダイレクトサイトを作成理由〜

それはデザイナーの岩本が、沖縄の代理店を訪れた時でした。

離島出身のオーナーから聞いた、「行きたくても行けないお店」という状態がまだまだ日本にあること。

検眼(レンズの度数を測るため)をすることも難しい地域があること。

そして2020年にパンデミック。

元々、海外ではロンドンのローンチ後から凄まじい勢いで伸びていきましたが、そのデザインはコンサバティブを好む日本の小売店には到底受け入れられませんでした。

その後、Instagramとかで問い合わせが多いのになんで日本は売れないのか?という話にもなりました。

今までの時代は「小売店で、店舗で眼鏡を買う」ということが当たり前でした。そのためにはまずバイヤーに購入されなければいけません。しかし過激なデザインということで、尖ったセンスのお店には導入され始めましたが、まだまだの状況でした。

しかし、「行きたくても行けない」「買いたくても買えない」人が大勢いることがわかり、沖縄からの帰りに岩本から、「通販してもいいよ」との一言が出ました。

もともと、眼鏡、サングラスは検眼・フィッティングの理由から、通販はタブー視されていました。

しかし、「欲しい人がいるのに買えない状況」、というものが我々を動かしています。

幸い、どのブランドも日本ではようやく岩本の露出や海外での実績により、代理店は過去に比べて増えてきましたが、それでも届かない地域はたくさんあります。

また、海外ブランドの多くを企画するデザイナーや企画チームが、今後海外のニッチな、まだ知られていないブランドも販売していく予定です。

そのために、私たちはこれからも代理店様とさまざまなことを協力しながら、通販サイトを運営し、日本津々浦々の方々に、我々のサングラス・眼鏡が届く様に努力していきます。

何卒、METRONOME-Tokyo Online をご活用くださいませ。

 

METRONOME®︎

2017年、ロンドンにて発表。その後、瞬く間に世界中のバイヤーから代理店依頼を受け、海外で一気に広がる。

毎年パリ、ミラノ、ニューヨーク、ロンドンでコレクションを発表している。

2018年〜、非公式ながらもパリコレクションに参加。日本からは唯一サングラスでパリコレクションに参加したブランドに。

一見奇抜ながらも計算されたデザインは、服飾とともに生きてきたデザイナーならではの、個体として、トータルファッションとしてのデザイン、ストーリー性が評価を受けているブランドです。

 

 

Resonance by METRONOME®︎

2021年、要望が多かった意見「いいけど高い」「このデザイン性で安くして欲しい」「もう少しかけやすいものを」と言った日本側の意見を取り入れた、METRONOME®︎のセカンドラインとなります。

テーマはブランド名の通り「共鳴」。誰にでも響きやすいように、METRONOMEのテイストを少し「響きやすく」したデザイン、手頃な価格を実現しています。

 

 

Trad by Bisei Iwamoto

デザイナーが得意とする「モード(前衛的な)」という意味合いと、「Classic(伝統的な)」を昇華させた、デザイナーの名前がブランド名に出る唯一無二の究極のクラシックデザインです。

眼鏡枠でデザイナーが感じていた無駄なもの(柄や模様)を一切そぎ落とし、「究極は無地のTシャツに辿り着く様に、結局はシルエットと機能性」というイメージを眼鏡・サングラス枠として突き詰めたブランドです。2021年、MIDOでローンチしました。

海外販売しやすい様に一山(鼻パッドがないもの)主体ではありますが、当たる場所に滑り止めを見えない具合で塗布していたり、クリップ一枚でサングラスに早変わりするなど、全てにおいて行われるものを、今後の「Traditional(Trad・伝統的)」に落とし込んでいく商品としています。

 

 

Rimrock

「日本のブランドなのに、韓国、中国のアジアでは爆発的に売れてるのになんで売れないんだろうね、売ろうよ」というデザイナーの言葉が発端で販売を開始しました。1983年の発表以来、さまざまな流れにより、日本販売はあまりなくなりましたが、今は特に韓国で爆発的に売れているクラシカルなデザインのブランドです。デザイン、企画、製造は全て日本のメガネの聖地、福井県鯖江市で行われており、疑いようのないMADE IN JAPAN の品質、クオリティを保っているブランドです。

x