【2022年5月更新】通販でのメガネ/サングラス商品購入イメージ。話題の丸眼鏡 『Lily [ Trad ]』の場合 I メトロノーム

【2022年5月更新】通販でのメガネ/サングラス商品購入イメージ。話題の丸眼鏡 『Lily [ Trad ]』の場合 I メトロノーム

こんにちは、

ロンドンからスタートした

メガネ/サングラスブランド、

「METRONOME®」を販売する

METRONOME DESIGN INC.の

日本オフィシャル通販サイト、

METRONOME-Tokyo OnlineのOKDです。

 

当ショップではオリジナルブランド

「METRONOME」をはじめ、

2021年に発表した「Resonance」、

「Trad」のサングラス/メガネフレームを

中心に販売しております。

日本でも認知度が上がり、

海外展示会などへも出展しております。

 

2022年には、

アイウェアブランド

『MonkeyFlip』の

取り扱いを開始、

そして新ブランドTYBALTも発表いたしました。

直接手にとってご購入いただける

代理店の数も増えつつありますが、

「なかなか遠くて行けない!」といった方向けに、

「通販でメガネ/サングラスを買う」際の流れを

ご紹介したいなと思います。

(メガネ本体、ケース、メガネ拭きなど、オリジナルデザインの付属品)

 

目次

  1. はじめに

  2. Tradとは

  3. 購入イメージフロー

 

はじめに

さて、

『METRONOME-Tokyo Online』では

オリジナルブランドやコラボレーション商品など、

幅広く商品ラインナップを揃えております。

同じショップ内での取り扱いですが、

別ブランドとなりますので、

購入したフレームと「付属品」などは

それぞれ異なっております。

 

例えば、

METRONOME®️のブランド商品と、

Resonance®️のブランド商品は

異なるブランドですので、

それぞれ専用の付属品がございます。
(メガネ拭きの柄や、外箱などが異なります。)

 

メガネ/サングラスに限らず、

インターネットショッピングで

「今まで買ったことないものを初めて買う」時や、

「初めて利用するネットショップ」での

お買い物の時って不安要素の方が大きいと思います。

 

とりわけメガネ/サングラスに関しては、

サイズ感やフィッティングこともあり、

より慎重になりますよね。

今回のブログは

「通販でメガネを買った時の流れ」について

書いております。

サイズの見方に関する記事はこちらでご紹介しております。

(ブログ「【2022年版・メガネ/サングラスの選び方】PD(瞳孔間距離、英語:Pupillary Distance)についてお話しします I METRONOME」)

本ブログと併せて、

ぜひお読みいただければ幸いです。

 

さて、

それでは今回のブログのメインテーマ

「このブランドだと通販で買ったら

どういった感じで届くの?」という

疑問に答えるべく、

これまでも別のブログにてアップしてきた

「購入イメージブログ」の、

本日はショップオリジナルブランドである

Tradシリーズの購入イメージを載せていいきたいと思います。

 

Tradとは

デザイナーが得意とする

「モード(前衛的な)」という意味合いと、

「Classic(伝統的な)」を昇華させた、

デザイナーの名前がブランド名に出る

唯一無二の究極のクラシックデザインのメガネ/サングラスです。

(Lotus [Trad 2021] )

 

眼鏡枠でデザイナーが感じていた

無駄なもの(柄や模様)を一切そぎ落とし、

「究極は無地のTシャツに辿り着く様に、

結局はシルエットと機能性」というイメージを

眼鏡・サングラス枠として突き詰めたブランドです。

2021年、

イタリアの海外展示会

『MIDO』でローンチしました。

  

購入イメージフロー

今回は、

話題の丸眼鏡TradのLily(縄手巻き)を、

クリップレンズ付きで購入した場合の

フローをご紹介します。

もともと愛用者も多い

おしゃれな丸眼鏡/サングラス
(ラウンドシェイプやボストンシェイプなど)

ですが、

2022年に入ってその人気が

一段と高まっているように感じています。

 

ちなみにこちらのLily、

レンズには乾(いぬい)レンズの

PC-CUREを採用し、

パソコン作業にも最適な

ブルーライトカットレンズを

搭載しています。

付属のクリップを付けることにより、

サングラスとしても使用できる

仕組みになっています。

 

セット内容としましては

・外箱
・セリート(メガネ拭き)
・ソフトケース
・メガネ(サングラス)本体+
ご注文された場合はクリップレンズ

 (専用外箱・セリート(メガネ拭き)が付属して、ご自宅までお届けします)

セリート=メガネ拭きもT

radのブランドオリジナルのデザインです。

専用の外箱に梱包してお届けします。

そのまま小物などをいれる

アクセサリー収納ケースとしても

使っても良さそうです。

(オリジナルソフトケース&商品が出てきます。) 

やっぱり開封する時が

一番ワクワクしますね!

ひとつひとつ丁寧に梱包されています。

オリジナルソフトケースには

「Trad」の文字入りです。

Tradの一部商品はオプションで

テンプル=耳にかかる部分の形状を

「ストレート or 縄手巻き」の

いずれかからチョイスできます。

 

この辺りの付属品は、

それぞれオリジナルのデザインですので、

購入するフレーム次第で変わってきます。

 

さて、

今回ご紹介している写真のアイテムは

「縄手巻き」バージョンです。

ストレートと違い縄手巻きは

収納に困る場合があるので
(市販のケースだと、丸くなっている
縄の部分がフィットしない可能性がある)、

縄手巻きフレーム購入の際は

専用のソフトケースをご利用くださいませ。

こちらのTrad・Lily(縄手巻き)は

オプションでクリップレンズを購入することで、

メガネ/サングラスの両方使いができますよ。

写真のセットはフレームはC1のシルバー、

クリップレンズはC1のグレーを選択しました。

(クリップレンズを外した時のイメージ) 

クリップを外すと丸眼鏡に。

余談ですが、海外バイヤーさんの間でも

縄手巻きは人気でした。

かけていて「ズレない」メガネなので、

1度使って慣れると、

むしろ他のストレート形状で違和感を感じるくらいです。 

(今回はLily C1の縄手巻き・クリップレンズはグレーをチョイスしました)

こちらのTradの跳ね上げシリーズは

クリップレンズの着脱、

レンズの跳ね上げが可能な仕様になっております。

 

テンプル(耳にかかる部分)の形状について

丸くなって耳にフィットする縄手巻きと

ストレートタイプの2種類を

選択することが可能です。

ストレートと縄手巻きの違いは

写真で見ると以下の通りです。

なかなかサイズ感がわからなくて

手が出しにくい印象もある縄手巻きですが、

これが耳にフィットして

徐々に慣れていきます。

 

本ブログを執筆しているスタッフは

元祖・メトロノームのSummer Rain

愛用しているのですが、

そちらも縄手巻きです。

耳にフィットしてズレにくいので

ストレスフリーなのです。

Summer Rain [METRONOME 2021])  

 

以上、

色々と余談が長くなりなりましたが、

ぜひ、Tradの跳ね上げシリーズ、

ご覧くださいませ。

 

より安心してお買い物ができますよう、

引き続きサイト改善に努めてまいります。

それではまた🙇‍♂️

OKD

関連記事

【2022年5月更新・トレンド考察】国際展示会での経験を踏まえて考える2022~2023年に流行る丸眼鏡/クリアーフレームのサングラスをご紹介 I METRONOME

【2022年5月更新・トレンド考察】国際展示会での経験を踏まえて考える2022~2023年に流行る丸眼鏡/クリアーフレームのサングラスをご紹介 I METRONOME

国際的アイウェア見本市「MIDO」に出展。2023~2024最新のメガネ/サングラストレンドを探ってきます!

国際的アイウェア見本市「MIDO」に出展。2023~2024最新のメガネ/サングラストレンドを探ってきます!

【2022年5月更新】通販でのメガネ/サングラスのご購入イメージ ・跳ね上げ&丸眼鏡『Summer Rain[ METRONOME ]』の場合 I メトロノーム

【2022年5月更新】通販でのメガネ/サングラスのご購入イメージ ・跳ね上げ&丸眼鏡『Summer Rain[ METRONOME ]』の場合 I メトロノーム

x