【2022~2023トレンド考察】流行りの丸眼鏡/クリアーフレームのサングラスなど I METRONOME

【2022~2023トレンド考察】流行りの丸眼鏡/クリアーフレームのサングラスなど I METRONOME

こんにちは、ロンドンからスタートしたメガネ/サングラスブランド、「METRONOME®」を販売するMETRONOME DESIGN INC.の日本オフィシャル通販サイト・METRONOME-Tokyo OnlineのOKDです。

このショップサイトでは、オリジナルブランドのメガネ/サングラスフレームに加えて、バイヤーセレクト品なども数多くご紹介しております。

「他にはないメガネ/サングラスをお届けしたい」という想いから、当サイトではおしゃれ、ユニーク、奇抜、などの評価を受ける個性的なフレームが揃っております。

当ブランドは自らがトレンド、モードを発信していくだけでなく、国内外のトレンドを肌で体感すべく展示会へも出展しております。その現場で感じたトレンドの動きなどをこのブログでもご紹介していきたいと思います。

さて、まず2022年までの動きですが、ズバリ「クリアーフレーム」が目立っていたように思います。例えばこちらのBLAST(Resonance)

クリアーと太めのテンプルが特徴のこちらのBLASTはResonanceの旗艦商品として人気のアイテムです。サングラスレンズはクリップ式となっており、クリアレンズのフレームに上から被せる仕様になっています。

クリップレンズを外すとこのような感じです。デザインはユニークですが、設計自体は比較的シンプルで、度入りレンズへの交換も可能です。

お出かけの際のおしゃれアイテムとしてだけでなく、度入りレンズを入れて普段使いもできる利便性の高いフレームです。

さて、それでは2022年〜2023年にかけて、トレンド・流行りはどのように動いていきそうか?先日の国際展示会への出展を踏まえつつ、考えていきたいと思います。

こちらもズバリですが「丸眼鏡」がより伸びてきそうに感じています。展示会会場でも展示が多かったのが丸眼鏡なのでした。それから国内の方とお話ししても「丸眼鏡は売れている」とのことでした。

そもそも丸眼鏡自体はとても珍しい、というわけでもないスタンダードな形状・デザインです。また年がら年中動くといえば動くのですが、どうもそれだけではないような気がしています。

私は、まん丸の丸眼鏡がこれからさらに伸びるのかどうかを気にしております。例えばこちら

こちらはブランド名Tradのプロダクト名Lilyという丸眼鏡です。こちらも先ほどのResonance同様「クリップレンズ」を採用しております。

クリップレンズを外すといわゆる普通のメガネレンズとなり、出荷時には「乾レンズ」様のブルーライトカットレンズが搭載されています。

上記のTradはチタン性のメガネです。細身のフレームがクラシカルな印象を与え、普段使いでも重宝されております。

そして、当サイトでも取扱がまだ少ないのですが、太メガネ&丸眼鏡なんかもコストパフォーマンスも良いですしこれから伸びそうに感じます。

展示会などでもよく見かけます。やはり2023年に向けてはこの丸眼鏡系は要注目ですね。

今後も新規商品など入ったタイミングで適宜更新いたします!

それでは。 

関連記事

【2022年】バイヤーセレクトフレームをご紹介中!(メガネ/サングラス)I METRONOME

【2022年】バイヤーセレクトフレームをご紹介中!(メガネ/サングラス)I METRONOME

【2022年・日本国籍者向け】日本から海外旅行/出張にいく際に準備すべき物/こと。

【2022年・日本国籍者向け】日本から海外旅行/出張にいく際に準備すべき物/こと。

【2022~2023】通販でのメガネ/サングラス商品購入イメージ。話題の丸眼鏡 『Lily [ Trad ]』の場合 I メトロノーム

【2022~2023】通販でのメガネ/サングラス商品購入イメージ。話題の丸眼鏡 『Lily [ Trad ]』の場合 I メトロノーム