【2022年】組み合わせて楽しいクリップレンズのメガネ/サングラス I Resonance-Trad

【2022年】組み合わせて楽しいクリップレンズのメガネ/サングラス I Resonance-Trad

 

 

こんにちは、ロンドンからスタートしたメガネ/サングラスブランド、「METRONOME®」を販売するMETRONOME DESIGN INC.の日本オフィシャル通販サイト・METRONOME-Tokyo OnlineのYamadaです。

 オリジナルブランドを中心に、メガネ・サングラスを本日も東京の拠点から全国へお届けしております。

個性的なデザインは奇抜、ユニーク、おしゃれ、などなど様々な評価を受けております。海外ではいちはやく注目され、近年日本でも知名度を上げつつおります。

デザインだけでなく、機能性の観点からも特徴的な要素が多く、とりわけ「クリップレンズ」と呼ばれる仕様が2021年〜2022年にかけて注目されております。例えばこちら↓

こちら、ブランド名『Resonance』、プロダクト名は『MINX』でございます。

太めのウエリントンタイプの非常に特徴があるシルエットに、ツーブリッジになるようにクリップをあしらった、メトロノームのデザインを受け継いだシルエットのサングラスになります。

クリップをつけることにより、サングラスに即時変更が可能です。

上図はクリップレンズ、すなわちサングラスレンズを被せている状態です(サングラスモード)こちらのクリップレンズを外すと、、、

このように、フレームにはクリアレンズが装着されており、メガネとしても使用することが可能です(レンズ交換により、度入りレンズへも変更することが可能です)

そんなクリップレンズですが、「着せ替え」もできたりします。フレーム型が同じであれば、着せ替え可能です。

例えば、今写真でご紹介したResonanceのMINXでいえば、カラー番号C1 : Black x Greenはグリーン系のサングラスクリップレンズが付属しております。こちらに対して、別のフレームカラーのクリップレンズを装着することも可能です。例えば、

こちらは同じフレーム型(MINX)のカラー番号C3 : Mat Clear x Blueです。クリップレンズは写真の通り、ブルー系が付属しています。(*一部例外を除いて、Resonanceのモデルはクリップレンズの別売りをしておりません。)

この同じフレーム型同士のクリップレンズの付け替えができるわけですね!もちろん逆のことも可能です!

そしてクリップレンズですが、ブランド名『Trad』でも同様の仕様を採用しているフレームがございます。

こちらはブランド名『Trad』、プロダクト名『Lily』でございます。こちらもクリップレンズを採用しており、メガネ、サングラスの2 in 1で使用することができます。こちらもフレーム型が同じであれば「着せ替え」は可能です。

カラーもグレーだけでなく、ブルーやイエローとバリエーションがございまして、Tradについてはクリップレンズの別売りも行っております。ですので、フレーム1本、クリップレンズ複数所持で色々な楽しみ方ができるというわけですね。

くれぐれも、各フレーム形状に対応している専用クリップレンズをご用意ください。形状が異なる場合、当然ですがサイズが合いませんので、破損等の原因になる可能性がございます。

購入に際して不安な点や不明点がございましたら、お気軽にお問い合わせくださいませ!

Resonanceシリーズのフレームをお探しの際はこちら

Tradのフレーム一覧はこちらからどうぞ

 

それでは

Yamada

関連記事

【2022年】元祖の魅力・Distortion melancholiaについて書いてみる(METRONOME・OKD)

【2022年】元祖の魅力・Distortion melancholiaについて書いてみる(METRONOME・OKD)

【EC在庫情報】人気の跳ね上げレンズ仕様のサングラスを再販売します!

【EC在庫情報】人気の跳ね上げレンズ仕様のサングラスを再販売します!

【2022年】カラーサングラスレンズ交換について(見本)I METRONOME

【2022年】カラーサングラスレンズ交換について(見本)I METRONOME

x