【2022年】実体験!メガネ/サングラスフレームの加工をしてみた! I METRONOME

【2022年】実体験!メガネ/サングラスフレームの加工をしてみた! I METRONOME

 

 

こんにちは、ロンドンからスタートしたメガネ/サングラスブランド、「METRONOME®」を販売するMETRONOME DESIGN INC.の日本オフィシャル通販サイト・METRONOME-Tokyo OnlineのYamadaです。

当ショップではオリジナルデザインのフレーム、ケースをはじめ提携ブランドの商品も数多く取り揃えているアイウェア専門のオンラインストアです。東京から全国へ発送しております。

さて、デザインのユニーク性・奇抜さがウリのMETRONOMEですが、実はそれだけではありません。そのデザイン生を生み出すために、設計から生産まで、デザイナーや技術者の創意工夫が詰まっているのです。

そこで、今回はMETRONOMEが誇る技術について少しお話ししていきます。今回はズバリ『フレーム表面のマット加工』です。

(マット加工を施して、クラシカル感が増しているResonance)

写真をご覧ください。こちらが「マット加工済み」のフレームとなります。マット加工とは↓

艶のあるグロス加工とは反対に、しっとりと落ち着いた印象を与えるマット加工。

表面の平滑性を抑えて光を乱反射させることで、人間の目にマット調に見せるという加工です。

※ 「マット加工」は印字をしていない外面のみを行います。

ちなみに、加工前はこのような感じです↓

(通常のブラックカラー(※MINX[Resonance2021]の場合))

(加工後のイメージ)

加工前と後では全く顔に与える印象が変わってきますね!どちらもそれぞれシーンに合わせて使っていただけると思います。

特に、当ショップで取り扱っているResonanceシリーズは元々がコスパの良いフレームが揃っているブランドです。なので加工費用を足してもまだまだコスパが良いのが魅力です。

コレクションしてシチュエーションに合わせておしゃれに使い分けていただけるメガネ/サングラスとなっております。

また、クリアー系のフレームもマット加工向きです。例えば、↓のフレームはクリアー計のBLASTというモデルなのですが、クリア部分をマット加工すると、、、

(ResonanceシリーズのBLAST)

このフレームのクリア部分がこうなります↓

(マット加工後のBLAST)

他とは違う、あなただけのフレームを作成できるのはMETRONOME-Tokyo Onlineのフレーム加工サービス!ぜひこの機会にお試しくださいませ。

気になるフレームと一緒に、こちらの加工サービスオプションをご利用ください。加工のみのオーダーも可能です(その場合は一度弊社がフレームをお預かりします)

フレーム加工で表情が変わる・Resonanceシリーズはこちら

それではまた、

Yamada

関連記事

【2022年春夏】アンティーク腕時計とサングラス(メンズ)I METRONOME

【2022年春夏】アンティーク腕時計とサングラス(メンズ)I METRONOME

出張記録(その2)SILMOで好評だったアイウェアーご紹介します

出張記録(その2)SILMOで好評だったアイウェアーご紹介します

【2022年最新版】カッコいいが揃い踏みのメガネ・サングラスブランドのMonkeyFlip I METRONOME-Tokyo

【2022年最新版】カッコいいが揃い踏みのメガネ・サングラスブランドのMonkeyFlip I METRONOME-Tokyo

x