【2022年春夏】アンティーク腕時計とサングラス(メンズ)I METRONOME

【2022年春夏】アンティーク腕時計とサングラス(メンズ)I METRONOME

 

 

こんにちは、ロンドンからスタートしたアイウェアブランド、「METRONOME®」を販売するMETRONOME DESIGN INC.の日本オフィシャル通販サイト・METRONOME-Tokyo OnlineのYamadaです。

 

さて、本日はメガネ/サングラスと相性ぴったりなメンズ向け腕時計のご紹介です。2022年から、当ショップでは、アンティーク腕時計でお馴染み・芸能人も着用していることで注目を浴びるおしゃれな時計ブランド「Vague Watch Co.」の取り扱いを開始いたしました。

(プロダクト名:BLK SUB

Vague Watch Co.とは?

“アンティークウォッチの雰囲気を手軽に楽しめる腕時計” をコンセプトに製作したヨシダトレードカンパニーのオリジナル時計ブランド「VAGUE WATCH Co. ( ヴァーグウォッチカンパニー )」現代の腕時計にアンティークウォッチの古き良き風合いを再現した商品を展開しています。

国内外の優れた職人を探し出し、彼等と産み出す物作りは多方面から高い評価を受けています。

アンティークウォッチディーラーとして30年、時計製作に携わって20年の活動の中で多くの腕時計に関わった経験をデザインに昇華しています。

大手国内時計メーカーでは実現する事のできないエージング加工や個々のパーツの作りこみは他には類の見ない仕上がりです。

最近ではApplewatchなど、デジタル時計の躍進もありますが、そんな中でも輝きを失うことのないアンティーク腕時計、それがVague Watch Co.です。

(METRONOMEのメガネ、サングラスと一緒に)

特に、この記事の画像に登場しているBLK SUBという腕時計は、

"アンティークウオッチの雰囲気を手軽に楽しめる腕時計"をコンセプトに製作された VAGUE WATCH Co.の旗艦モデル「BLK SUB」は1970年代に某国海軍の上官に支給されたダイバーズウオッチがモチーフです。

所々メッキの落ちた時計本体は、IPメッキをかけた後に一つずつ職人の手により表面を粗く削る加工を施し長年使い古したような風合いを表現しております。

アンティーク腕時計としてのコンセプトを大切にし、職人の手で一つずつ加工するこだわりっぷりです。このおしゃれな雰囲気、世界観、なかなか真似できるものではありません(手軽に楽しむ、という言葉通り、価格的にも非常に手が伸ばしやすいです)当ショップのメガネ/サングラスでもフレーム加工を行っております。マット加工や化石加工という、メガネフレームの表面加工となりますが、こちらも一枚一枚加工しております。

このクラフトマンシップもVague Watch Co. と METRONOMEに共通するところかと思います。

この商品はベルトは2種類(ナイロン・ステンレス)の用意があり、購入時にはベルト交換用の工具も付属します。ステンレス、ナイロンの2種類のベルトをその日の気分で交換して楽しんでいただけます。

(ステンレスベルト)

 ぜひ、METRONOMEのメガネ、サングラスと一緒に、2022年の春夏コーデを完成させましょう!今回ご紹介したBLK SUB以外にも多くの腕時計を取り扱っております。

アフターサポートもございますので、安心してご購入いただくことができるかと思います。ぜひ、お試しくださいませ。

 

Vague Watch Co.の商品一覧はこちら

 

それでは

OKD

関連記事

【2022年】メガネ/サングラスフレームを加工して、オリジナルの1本を I メトロノーム

【2022年】メガネ/サングラスフレームを加工して、オリジナルの1本を I メトロノーム

【2022年・日本国籍者向け】日本から海外旅行/出張にいく際に準備すべき物/こと。

【2022年・日本国籍者向け】日本から海外旅行/出張にいく際に準備すべき物/こと。

【2022年】実体験!メガネ/サングラスフレームの加工をしてみた! I METRONOME

【2022年】実体験!メガネ/サングラスフレームの加工をしてみた! I METRONOME