【2022春夏】縄手形状のメガネ/サングラスでズレ落ち防止。マスク着用時も曇りが気になりにくい(Trad) I メトロノームデザイン

【2022春夏】縄手形状のメガネ/サングラスでズレ落ち防止。マスク着用時も曇りが気になりにくい(Trad) I メトロノームデザイン

 

 

こんにちは!

 

ロンドンからスタートしたメガネ/サングラスブランド、「METRONOME®」を販売するMETRONOME DESIGN INC.の日本オフィシャル通販サイトMETRONOME-Tokyo OnlineのYamadaです。

 

2021年から2022年へ。いやはやあっという間でございました。今年もトレンドに動きがありましたね!フレームではクリア系が伸びてきたり、クラシックな縄手巻きのメガネ/サングラスが再注目されていたり。太めのフレームなんかも人気が出つつありますね!

 

目次



  1. はじめに(縄手巻きテンプルのお話)

  2. 縄手巻き・ストレートから選べるTrad

  3. Tradの代表アイテム 「跳ね上げ」

  4. 終わりに(アクセサリー関連)

     

    1. はじめに(縄手巻きテンプルのお話)


     

    さて、本日は、2021年に発表し好評発売中の縄手巻きのお話です。巻きつる、とも呼ばれるテンプルの形状(もしくはケーブルテンプル)のメガネ/サングラスフレームは、写真の通り丸くなっていて、耳にしっかりかかるようになっております。

     

    メトロノーム,メガネ,サングラス,縄手,通販
    (Summer Rain)
     
     
    メガネをかけていてズレが気になり始めると、気が散って仕方ないですよね。そんな心配ご無用なのが「縄手巻き」なのです。
     
     
    最近はややストレートテンプルに押され気味?、とも言われている縄手巻きですが、実は1度使うとどんどんハマっていく人もいたりして。
     
     
    メガネを首から下げる時に使う「グラスチェーン」と組み合わせるとよりクラシックな感じがしてかっこいいですよ。
    メトロノーム,メガネ,サングラス,縄手,通販
    (Sonolla [Glass chain・METRONOME])
     
     

    こちらのグラスチェーンは大振りのリングを繋げ合わせたデザインで、見る人にインパクトを残します。ファッションアクセサリーとして、METRONOMEらしい、存在感があるグラスチェーンとなります。

     

    2. 縄手巻き・ストレートから選べるTrad


     

    さてさて、先ほど紹介した「Summer Rain」について。こちらは恐れ入りますが「縄手巻き」のテンプルのみのご用意となります。

     

    じゃあストレート系で似たデザインはないの?ということで、2021年〜2022年の新作モデル「Trad」のメガネ/サングラスをご紹介させてください^^

     

    Tradは眼鏡枠でデザイナーが感じていた無駄なもの(柄や模様)を一切そぎ落とし、「究極は無地のTシャツに辿り着く様に、結局はシルエットと機能性」というイメージを眼鏡・サングラス枠として突き詰めたブランドです。2021年、MIDOでローンチしました

     

    メトロノーム,メガネ,サングラス,縄手,通販
    (Lily [Trad 2021])

     

    ご覧の通り縄手巻きでございます。Tradは保守的なデザインで、主に日本市場を意識したものとなっております。そして当店のTradシリーズの跳ね上げレンズのアイテムでは、2種類のフレームタイプがございます。ストレートタイプと縄手巻きタイプ)

     

    まずはこちらの画像をご覧ください。最初にストレート(アイテムはLily [Trad 2021]です。)

     

    メトロノーム,メガネ,サングラス,縄手,通販

     


    続けて縄手巻き(アイテムはGentian [Trad 2021])



    ご覧の通り、縄手巻きの方は耳にかかる部分がぐるっと丸まっております。これにより普段仕事やプライベートで動きが多い、というかたにとってはメガネがズレにくい仕様になっております。

     

    せっかくなので違う角度からもショットもご覧ください。

     

    3. Tradの代表アイテム 「跳ね上げ」


     

    そしてTradシリーズといえば跳ね上げが好評。

     

     

    こちらの跳ね上げシリーズなのですが、マスク着用時の曇りがそこまでひどくならず、使い勝手が良いんです。普段、マスクを着用しつつ、メガネ/サングラスをかけていると、息をするたびに曇ったりしませんか?

     

    特に、比較的密閉率が高くなりがちのアイテムだと曇りやすく、かつ、なかなか元に戻らないという地味なストレスがあります。鼻パッドがある商品だと顔の表面とメガネ/サングラスとの距離があるので曇りにくいです。

     

    Tradの跳ね上げシリーズは、鼻パッドはないのですが、代わりに一山タイプ・滑り止めシリコン塗布済みとなっております。顔の表面からレンズまで空間があるので、マスク着用時・かつレンズを下げている時でも比較的曇りにくい(曇りが解消されやすい)のです!

     

    (クリップレンズ使用でメガネにも、サングラスにもなります!)

     

    ご購入の際にテンプルをストレート、もしくは縄手巻きでお選びいただくことが可能です。

     

    Tradシリーズのメガネの一覧はこちら

     

    縄手巻きのメガネは、テンプルが丸くなっている関係でメガネ/サングラスケースによっては入らないものがあると思います。当ショップでは専用のケースが付属しますので、持ち運びの際は、ぜひそちらを使用していただければと思います。

     

    (Tradには専用ケース、セリート(メガネ拭き)が付属します。※クリップレンズは別売りとなります。)

     

    4. 終わりに(アクセサリー関連)


     

    あるいはですが、あらゆるサイズのメガネ/サングラスの収納・保管に関してはメトロノームオリジナルケースもおすすめです。

     

    METRONOMEオリジナルケース

     

     メトロノームデザインでは、各ブランドに専用のオリジナル収納ケースが付属いたします。また、別売りのメガネ/サングラス(アクセサリー)収納ケースも販売しておりますので、ぜひ保管用のケースも当ショップでゲットしていただければなと思います!

     

    また、最初にご紹介したSummerRainはこちら

     

    ぜひご検討くださいませ!

    メトロノームのインスタグラムはこちら↓

    関連記事

    最終のご案内!26日まで受付。話題のメガネ/サングラスブランド・メトロノーム初の2021年版福袋!完売前にご利用くださいませ!

    最終のご案内!26日まで受付。話題のメガネ/サングラスブランド・メトロノーム初の2021年版福袋!完売前にご利用くださいませ!

    【2022年】メガネ/サングラスフレームを加工して、オリジナルの1本を I メトロノーム

    【2022年】メガネ/サングラスフレームを加工して、オリジナルの1本を I メトロノーム

    サングラスのご購入イメージ ・Summer Rainの場合 I メトロノーム

    サングラスのご購入イメージ ・Summer Rainの場合 I メトロノーム