【2022年5月更新】縄手形状のメガネ/サングラスでズレ落ち防止。マスク着用時も曇りが気になりにくい。2022年人気のブランドに注目 I メトロノームデザイン

【2022年5月更新】縄手形状のメガネ/サングラスでズレ落ち防止。マスク着用時も曇りが気になりにくい。2022年人気のブランドに注目 I メトロノームデザイン

こんにちは!

ロンドンからスタートした

メガネ/サングラスブランドの

METRONOME-Tokyo Onlineの

Yamadaです。

 

今回は、

メガネ/サングラス好きな方なら

1度は見たことがあるかもしれない

「縄手巻き」のメガネ/サングラスについて

書いていきたいと思います。

 

縄手巻きが気になっていたけど、

なかなか手を出すには勇気がいる、、、と

ご検討中の方はぜひ読んでいただければと思います。

  

目次



  1. はじめに(縄手巻きテンプルのお話)

  2. 縄手巻き・ストレートから選べるTrad

  3. Tradの代表アイテム 「跳ね上げ」

  4. 終わりに(アクセサリー関連)

     

    1. はじめに(縄手巻きテンプルのお話)


     

    さて、まずは2021年に発表し、

    2022年も好評発売中の縄手巻きのお話です。

    「巻きつる」

    とも呼ばれるテンプルの形状(もしくはケーブルテンプル)の

    メガネ/サングラスフレームの耳かかる部分は、

    写真の通り丸くなっていて、

    耳にしっかりフィットします。

    メトロノーム,メガネ,サングラス,縄手,通販
    (Summer Rain)
    メガネをかけていてズレが気になり始めると、
    気が散って仕方ない、
    そんな心配ご無用なのが「縄手巻き」なのです。
    最近はややストレートテンプルに押され気味?、
    とも言われている縄手巻きですが、
    実は1度使うとどんどんハマっていく人もいたりして。
     
    海外や日本でも、
    クラシカルな部類に入る縄手巻きは、
    専門店でもなかなか見かけない存在ではあります。
    ネガティブな要素としては
    サイズがあまりにもずれていると
    テンプル部分がぶかぶかになってしまったり、
    逆にキツすぎたり、ということがあります。
     
    もちろん調整は可能ですが、
    素材などによっては限界があり、
    なかなか難しいな、という点ではあります。
     
    ちなみに、
    メガネを首から下げる時に使う
    「グラスチェーン」と組み合わせると
    よりクラシックな感じがしてかっこいいですよ。
    メトロノーム,メガネ,サングラス,縄手,通販
    (Sonolla [Glass chain・METRONOME])

    写真のグラスチェーンは大振りのリングを

    繋げ合わせたデザインで、

    見る人にインパクトを残します。

    ファッションアクセサリーとして、

    METRONOMEらしい、

    存在感があるグラスチェーンとなります。

     

    グラスチェーンは実用性重視というよりは、

    おしゃれさんが使うイメージが強いです。

    それゆえ、ショップなどでみかけるグラスチェーンは

    どれもデザインに凝っているモノが多いなという印象です。

     

    余談ですが、

    海外の展示会ではグラスチェーンがとっても人気です。

    ヨーロッパなどメガネ/サングラスをアイウェア(装飾)として身に着ける習慣が

    根付いている地域では特にその傾向が感じられました。

     

    展示会はあくまで展示なので、

    サンプルしか持ち込みません。

    取引は交わしますが、

    支払いや納品は後になることが基本です。

    ですが、「その場で買って持って帰りたい!」という声は

    展示会に行くたびに聞くような気がします。

     

    2. 縄手巻き・ストレートから選べるTrad


     

    さて、

    先ほど紹介した「Summer Rain」について。

    こちらは「縄手巻き」のテンプルです。

    (たまに「ストレートで作ってほしい」との

    お声はいただくのですが、、、)

     

    また、Summer Rainはレンズ部分が

    二重となっております。

    リアレンズの上に、

    サングラスレンズが被さる形になっているのですが、

    その分他のメガネよりもレンズ側が重めになります。

    こういった構造上の理由もあり、縄手巻きになっています。

     

    それでは、

    「ストレート系で似たデザインはないのか」ということで、

    2021年〜2022年の新作モデル「Trad」の

    メガネ/サングラスをご紹介いたします。

     

    「Trad」は

    眼鏡枠でデザイナーが感じていた無駄なもの(柄や模様)を

    一切そぎ落とし、

    「究極は無地のTシャツに辿り着く様に、

    結局はシルエットと機能性」というイメージを

    眼鏡・サングラス枠として突き詰めたブランドです。

    2021年、MIDOでローンチしました。 

    (Lily [Trad 2021])

    写真のフレームは、縄手巻きですが、

    同じレンズ形状でストレートテンプルもございます。

    Tradは保守的なデザインで、

    主に日本市場を意識したものとなっております。

     

    当ショップのTradシリーズの跳ね上げレンズのアイテムでは、

    2種類のフレームタイプがあります。
    ストレートタイプと縄手巻きタイプ) 

    まずはこちらの画像をご覧ください。

    最初にストレート(アイテムはLily [Trad 2021]です。 

    続けて縄手巻き(アイテムはGentian [Trad 2021])

    画像を見ての通り、

    縄手巻きの方は耳にかかる部分がぐるっと丸まっております。

    これによって普段仕事やプライベートで動きが多い、

    というかたにとってはメガネがズレにくい仕様になっております。

     

    クラシカルなデザインの眼鏡とあって、

    ちょっと雰囲気硬めの職場などでも利用できる

    おしゃれアイテムだったりします。

     

    よろしければ動画もありますので、

    縄手の掛け方の参考にもぜひ↓ 実際の質感なども、

    少しでも感じ取っていただければ幸いです。

    せっかくなので

    縄手巻きの違う角度からもショットもご覧ください。

    背後からは下の画像のように見えます。

     

    3. Tradの代表アイテム 「跳ね上げ」


     

    そしてTradシリーズといえば跳ね上げが好評。

    跳ね上げとは、

    レンズ部分が上側へ開く構造のメガネ/サングラスを意味します。

    Flip Upという呼ばれ方もするようです。

    丸眼鏡でお馴染みのTrad-Lily-も跳ね上げタイプです。

    こちらの跳ね上げシリーズですが、

    マスク着用時にありがちな曇りがそこまでひどくならず、

    使い勝手が良いんです。

    普段、マスクを着用しつつ、

    メガネ/サングラスをかけていると、

    息をするたびに曇ったりしませんか?

     

    特に、

    比較的密閉率が高くなりがちのフレームだと曇りやすく、

    かつ、なかなか元に戻らないという地味なストレスがあります。

    鼻パッドがある商品だと顔の表面と

    メガネ/サングラスとの距離があるので曇りにくいですが、

    それでも曇る時は曇ります。

     

    Tradの跳ね上げシリーズは、

    鼻パッドはないのですが、

    代わりに一山タイプ・滑り止めシリコン塗布済みとなっております。

    顔の表面からレンズまで空間があるので、

    マスク着用時・かつレンズを下げている時でも比較的曇りにくい(曇りが解消されやすい)のです!

    (クリップレンズ使用でメガネにも、サングラスにもなります!)

    ご購入の際にテンプルをストレート、もしくは縄手巻きでお選びいただくことが可能です。

    Tradシリーズのメガネの一覧はこちら

    ちなみにサイズ感が大きくなってしまい、

    Lily、Summer Rainユーザー様には

    サイズ的に合わない可能性があるのですが

    元祖・METRONOMEにも縄手巻き&丸眼鏡があります。

    その名も『Since Yesterday』です。

    (4種のカラーバリエーションのSince Yesterday)

    ザイナーによる「一筆書き」にてデザインされた、

    当期のコレクションの一番最初に展開された商品です。

    レンズには調光レンズを使用しており、

    ケーブルテンプル(縄手巻き)が採用されています。

     

    また、クリングスを採用し、

    金属にはアレルギーも起きにくい

    チタンを採用しています。

    結構しっかりした設計です。

     

    「調光レンズ」は、

    紫外線量に応じてレンズの色味が

    変わるようになっています。

    屋内では透明なメガネとして、

    屋外ではサングラスとして使用できます。

    いわゆるかけかえの手間がないということで、

    なかなか使い勝手がいいと好評です。

    よろしければ詳細こちらからご覧いただければと思います。

    ちなみに今日ご紹介した3フレームを並べたら、、、がこちら↓

    遠近法で分かりづらいのですが、

    Since Yesterdayはどこからみても大きいです。

    縄手巻きのメガネは、

    テンプルが丸くなっている関係で

    メガネ/サングラスケースによっては入らないものがあると思います。

    当ショップでは専用のケースが付属しますので、

    持ち運びの際は専用ケースを

    使用していただければと思います。

    (Tradには専用ケース、セリート(メガネ拭き)が付属します。※クリップレンズは別売りとなります。)

     

    4. 終わりに(アクセサリー関連)


     

    あるいはですが、

    あらゆるサイズのメガネ/サングラスの収納・保管に関しては

    メトロノームオリジナルケースもおすすめです。

     

    METRONOMEオリジナルケース

     

    メトロノームデザインでは、

    各ブランドに専用の

    オリジナル収納ケースが付属いたします。

     

    他にもメガネ/サングラス(アクセサリー)収納ケースを

    別売りしておりますので、

    ぜひ保管用のケースも当ショップで

    ゲットしていただければなと思います! 

     

    また、最初にご紹介したSummerRainはこちら

    ぜひご検討くださいませ!

    メトロノームのインスタグラムはこちら↓

    関連記事

    【2022年5月】メガネ/サングラスの国際展示会MIDO出張報告(簡易版)I METRONOME

    【2022年5月】メガネ/サングラスの国際展示会MIDO出張報告(簡易版)I METRONOME

    【2022-2023】メガネ/サングラスブランドの福袋のご予約受付を開始しました。

    【2022-2023】メガネ/サングラスブランドの福袋のご予約受付を開始しました。

    【2022年更新】おしゃれなトレンドメガネ/サングラスが一堂に集結・国際展示会MIDO出張記録(イタリア・ミラノ)I METRONOME

    【2022年更新】おしゃれなトレンドメガネ/サングラスが一堂に集結・国際展示会MIDO出張記録(イタリア・ミラノ)I METRONOME

    x