【2023年】アイウェアの通販専門店が特集する「夏・秋におすすめの顔を飾るおしゃれなアイウェア」

【2023年】アイウェアの通販専門店が特集する「夏・秋におすすめの顔を飾るおしゃれなアイウェア」

こんにちは

ロンドン発のアイウェアブランド

METRONOME®️を販売するオンラインストア

METRONOME Tokyo OnlineのスタッフOKDです。

 

今回はアイウェア専門店である

メトロノームトーキョーがおすすめする

2023年の夏・秋に使っていただきたいアイウェアを

ご紹介したいと思います。

おしゃれなデザインのフレームで

顔を飾ることでいつもとは違う自分の印象を

創ることができます。 

(Distortion Melancholia [METRONOME] )

今回のポイントは「カラーレンズとの相性が良い

フレームが2023年の夏・秋のおすすめ」です。

2023年の春から既に「カラーレンズ」が

人気を集めております。

眩しさを軽減するというサングラスとしての

役割を期待できるだけでなく、

カラーレンズが目に関わるさまざまな

リスクを軽減する効果があると言われています。

(Cassio[TYBALT])

紫外線」が目にとってやっかいな存在で、

目に紫外線を受け過ぎると白内障など

目に関わるトラブルリスクが増加すると

言われております。

そういった目のトラブルを避けるために

カラーレンズで紫外線を上手にカットして

目を守ろうという動きが出ているのです。

 

他方で、

フレームのデザインとレンズカラーのバランス

考慮することなく無理やり組み合わせてしまうと

本来イメージした「飾り」ができない恐れが

あるでしょう。

(Cassio[TYBALT]) 

そこでおすすめなのが

ブラック系やブラウン系、

それからクリアー系のフレームです。

これらのフレームは比較的汎用性が高く、

さまざまなレンズカラーと組み合わせても

おしゃれに顔を飾ることができます。

(BLAST[Resonance]) 

大本命はブラック系のフレームです。

例えばこちらの黒フレームであれば

定番のグレーレンズはもちろん、

イエローなどの明るい色と合わせても

おしゃれに決めることができると思います。 

(Lana[roro eyewear])

あるいはブラウン系のフレームであれば

グリーン系のレンズ、

またはこちらも明るいイエロー系などと

合わせてみて良いかなと思います。 

(Minx[Resonance])

クリアー系のフレームも

どのカラーでも相性が良い感じですが

明るめの色と合わせている方が多いように

感じています。 

(HC-DIVEY[Highcollar])

カラーレンズは場面ごとに使い分けると

より効果が発揮できると期待されています。

例えば緑が多いアウトドアシーンでは

グリーンレンズがおすすめです。

コントラストを向上にして自然の要素を

より鮮明に見ることができるようになります。

屋外での使用により目の疲れを軽減する効果も

期待されている他、

ブルーライトを吸収する効果もあると言われています。

屋外、屋内両面で活躍するグリーンレンズであれば

ブラックフレーム、ブラウンフレーム、

クリアーフレームいずれとも相性バッチリ。

あとは好みに応じて濃さを調整することで

あなたにぴったりのおしゃれアイウェアを

完成させることができると思います。

 (MINX[Resonance])

カラーレンズは数十種類もあり、

組み合わせは無限大です。

ぜひ自分だけのおしゃれアイウェアを

作ってみていただけたらと思います。

 

それでは。

OKD

関連記事

紫外線の強さで色が変わる。2023年話題の調光レンズを使うと眼精疲労や目のトラブルリスクを軽減しよう。

紫外線の強さで色が変わる。2023年話題の調光レンズを使うと眼精疲労や目のトラブルリスクを軽減しよう。

他店で取得してレンズデータでも、新たに購入する眼鏡の度入りレンズ作成は可能です

他店で取得してレンズデータでも、新たに購入する眼鏡の度入りレンズ作成は可能です

【2023年/オリジナルカスタマイズ】アセテート(プラスチック系)アイウェアのマット加工でガラリを印象が変わり、高級感の増した見た目に。

【2023年/オリジナルカスタマイズ】アセテート(プラスチック系)アイウェアのマット加工でガラリを印象が変わり、高級感の増した見た目に。

x