【2022年】レンズ交換でおしゃれなメガネ/サングラス活用の幅を広げよう!

【2022年】レンズ交換でおしゃれなメガネ/サングラス活用の幅を広げよう!

こんにちは、

ロンドン発のメガネ/サングラスブランド

METRONOME®️を中心に

個性的でおしゃれなアイテムを販売している

METRONOME-Tokyo Onlineです。 

このブログはスタッフOKDがお送りします。

 

今回は

メガネ/サングラスのレンズ交換について。

おしゃれなメガネ/サングラスというと

奇抜なデザインや、

特殊な形状のものもあったり、

あるいはシンプルにレンズが大きいものなど

「これってレンズ交換できるの?」と

思うメガネ/サングラスフレームって

多いんじゃないかなって思います。

結論を先に言うと、概ねできます。

当店もいわゆるユニークなメガネ/サングラスの

販売店としてそういったご質問を

よく頂戴しています。

 

結論「大体のフレームは

レンズ交換OK」です。

(*弊社取り扱い商品に関しては)

 

ですので、

こういったスタンダードな

形状のフレームはもちろん、

細身のチタンテンプルであったり

クリップレンズなどもOKです。

このような大きいレンズの

フレームも度入りレンズや

カラーレンズへの交換が可能です。

留意点は

「製造にかかるコスト」が

変動する可能性あり、という点です。

 

度数でレンズの厚さは変わりますし、

フレームによってレンズの固定方法が

異なりますのでその調整もあります。

 

基本的には

・度が強いレンズ

・表面積が広いレンズ

・その他特殊な加工が必要なもの

は交換費用が上がる可能性があります。

 

眼鏡店によっては

所有している機材の事情などで対応不可、

というケースも残念ながらあり得ます。

(*交換が一切不可能、ということではなく

そのお店が対応NGな場合がある)

 

また、

一部フレームはレンズ交換が

できないものがあります。

当店ですと一部の「リムレス」

サングラスがその対象となります。

(*リムレスでも交換可能な

モデルはあります。)

リムレスとはレンズを覆う縁の部分です。

一般的にはフルリムといって、

レンズ全体を囲っているものが多いです。

あるいはハーフリムといって

レンズの半分に縁がついているものもあります。

そして縁がなく、

直接テンプル(耳にかかる部分)と接続

されているものがリムレスです。

 

絶対にNGということはないのですが

加工の難しさゆえ費用が嵩むことがしばしばです。

リムレスフレームを購入する際は

お買い上げ店舗などでレンズ交換可否を

確認されると良いと思います。

 

以上、

おしゃれメガネ/サングラスの

レンズ交換について書かせていただきました!

 

少しでも参考になれば嬉しく思います。

当店でもオンラインにて

レンズ交換サービスを展開しております。

 

眼鏡店・眼科などで取得できる

眼鏡処方箋をご共有いただければ

指定の度数での度入りレンズの作成、

および交換が可能です。

 

こちらをご確認の上、

ご不明点などお気軽にチャットや公式LINEなどで

ご相談くださいませ。

 

それでは。

OKD。

 

関連記事

縄手巻きは耳が痛くなる?眼鏡(サングラス)のフレーム選びのコツ

縄手巻きは耳が痛くなる?眼鏡(サングラス)のフレーム選びのコツ

「クリップレンズ」の良さとは?「跳ね上げレンズ」だけじゃない機能性メガネ/サングラスで同じフレームのまま1日過ごせる!(METRONOME)

「クリップレンズ」の良さとは?「跳ね上げレンズ」だけじゃない機能性メガネ/サングラスで同じフレームのまま1日過ごせる!(METRONOME)

さりげなくおしゃれするメガネ/サングラスのご紹介(跳ね上げ、クリップレンズ、縄手巻きフレーム)

さりげなくおしゃれするメガネ/サングラスのご紹介(跳ね上げ、クリップレンズ、縄手巻きフレーム)

x