縄手巻きは耳が痛くなる?眼鏡(サングラス)のフレーム選びのコツ

縄手巻きは耳が痛くなる?眼鏡(サングラス)のフレーム選びのコツ

こんにちは、

ロンドン発のメガネ/サングラスブランド

METRONOME®️を中心に

おしゃれ、独特なデザインの

アイテムを販売しています。

METRONOME-Tokyo Onlineです。

 

今回は

メガネ/サングラス選びのコツ

ということで、

「縄手巻きフレーム」を

取り上げたいと思います。

(上:ノーマルテンプル、下:縄手巻きテンプル)

縄手巻きとは、

画像で表示しているとおり、

耳にかかる部分(テンプルと呼びます)が

丸くなっていて耳に引っかかるように

なっているものです。

テンプルの丸くなっている部分が

耳にかかることで落下防止にもなり

実用性も高いことで知られています。

ただし、

サイズ感によっては緩すぎたり、

キツすぎたりしますので、

サイズチェックは必ず行いましょう。

要すればフィッティングもお願いしましょう。

 

もし可能であれば

お近くの眼鏡店などで

縄手巻きテンプルを取り扱っていれば

試着してみてご自身のサイズ感の

基準を取れれば良いと思います。

 

眼鏡屋さんなどで1度は見かけたことが

あるかもしれない縄手巻き。

クラシカル、かつ高級感があって

通には人気のフレームです。

日本での製造もかなり希少となり

メガネ/サングラス好きのあなたにも

ぜひコレクションに加えていただきたいです。

 

縄手巻きの選び方ですが、

まずはサイズ感に注意が必要です。

「テンプルの長さ」が肝になります。

例)テンプルの長さ 191(143)

(49□26-191(143))といった感じで

表記されている場合

全長が191mmで、143mmの地点から

テンプルが曲がっていることを表します。

(テンプルサイズが併記でない場合は

全長の長さを表しています。)

このサイズだと大きめ、と言えるでしょう。

一般的な眼鏡と比べると余裕があると思います。

人によっては緩すぎと感じるかもしれません。

眼鏡屋さんなどでテンプル部分の調整を

お願いする必要があるかと思います。

普段お使いの眼鏡のテンプルサイズが

140mm以下であれば、調整をするか

許容範囲の緩さかどうか確認が必要です。

 

縄手巻きのメガネ/サングラスを

選ぼうと思った時は

テンプルの長さが全長162mm〜170mm

あたりのものですとちょうどピッタリ

フィットするイメージです。

ピッタリフィットする縄手巻きを

選ぶデメリットとしては、

丸1日着用していると

縄手テンプルでの若干の締め付け感を

感じるということです。

 

もしキツすぎる場合は

やはり眼鏡店にて可能な限り調整を

していく必要があるかと思います。

 

全くもってかけられない、

というケース自体はあまりないのですが

微妙なサイズ感の違いから生じる

緩さ感やキツさ感をどこまで許容できるかは

意識しておきたいところです。

お近くの眼鏡店で

可能であれば試着などで

サイズ感が分かるとベターですね。

 

というわけで本日は

スタッフ(OKD)もお気に入りの

縄手巻きのご紹介でした。

 

比較的大きめの縄手巻きをお探しの方には

こちらがおすすめです。

 

耳にフィットするタイプの

縄手巻きをお探しの方には

こちら、もしくはこちらがおすすめです。

 

それでは

OKD

関連記事

自分だけのおしゃれなメガネ/サングラスへカスタマイズしよう!

自分だけのおしゃれなメガネ/サングラスへカスタマイズしよう!

出張記録(その2)SILMOで好評だったアイウェアーご紹介します

出張記録(その2)SILMOで好評だったアイウェアーご紹介します

【2022年】レンズ交換でおしゃれなメガネ/サングラス活用の幅を広げよう!

【2022年】レンズ交換でおしゃれなメガネ/サングラス活用の幅を広げよう!

x