【2022年】冬ももちろんサングラス。冬のおしゃれは個性的なデザインで勝負。

【2022年】冬ももちろんサングラス。冬のおしゃれは個性的なデザインで勝負。

こんにちは、

ロンドン発のメガネ/サングラスブランドなどを

販売しているMETRONOME-TokyoのOKDです。

 

今回は2022年の冬に向けて

サングラスを色々とご紹介していきたいと

思います。

 

もうすでにあなたもご存知かもしれません。

冬も紫外線は存在します。

夏よりも目立たない分、

より警戒が必要な時期です。

 

そこで目を保護するサングラスが

必要というわけですね。

 

2022年の新作もこれから、

という時期ではあります。

ですが、

メガネ・サングラスは基本再生産することが

ありませんので、

現行モデルの振り返りも兼ねて

このブログを書いていきたいと思います。

 

冬のサングラスと聞くと

冬のアクティビティ=スキーなどが

思い浮かびます。

こちらはMETRONOMEのBalloonsという

モデルです。

ゴーグルをイメージさせるデザインで

結構ガッチリした「サングラス」です。

 

レンズが透明に見えるのですが、

実は「調光レンズ」という

紫外線量に応じてサングラスへと

レンズカラーが変化するものです。

普段からメガネを使用している人にとっては

サングラスへのかけかえが

面倒ではありますよね。

そんな時に調光レンズは

2 in 1で活躍できるので便利です。

 

あるいは幅広く視野をカバーする

リムレスのサングラスも使い勝手が

良いです。

鼻パッドがついて日本人向けでもありますし

クラシカルなボストンタイプのデザインは

あらゆるシチュエーションに合う

有能なサングラスです。

 

あるいは、

クリップレンズの

サングラスはいかがでしょうか。

知っている方にはお馴染みのクリップレンズ。

本体はクリアレンズで

上からクリップ形式でサングラスレンズを

はめこんでおります。

クリップを外すと下図のようになります。

フレームが厚みのあるデザインですが

実は視野が広く取れます。

冬のアクティビティの場でも使いやすいです。

実は筆者(OKD)もスノーボードで

使用しました。

 

レンズ交換も可能ですので

本体は度付きレンズ、

上からクリップレンズを装着して

度入りサングラスとしても

活躍します。

 

色々なタイプのフレームがあり

一部を除いてレンズ交換も可能です。

(*リムレスフレームを除く)

色々カスタマイズしながら

楽しめるのもデザイン性の高い

サングラスの魅力ですね。

 

それでは

OKD

関連記事

縄手眼鏡(サングラス)で1日過ごしたらどうなるのか検証してみた。

縄手眼鏡(サングラス)で1日過ごしたらどうなるのか検証してみた。

先行予約受付開始・ILLUSION [ ALDIES × Resonance ] おしゃれ眼鏡/サングラス

先行予約受付開始・ILLUSION [ ALDIES × Resonance ] おしゃれ眼鏡/サングラス

ヨーロッパのコロナ事情。2021〜2022年の海外出張/旅行事情を振り返りつつ、2023年を考えてみる。

ヨーロッパのコロナ事情。2021〜2022年の海外出張/旅行事情を振り返りつつ、2023年を考えてみる。

x