【2022年オススメ】社会人なりたてのスタッフがオススメするオシャレメガネ

【2022年オススメ】社会人なりたてのスタッフがオススメするオシャレメガネ

こんにちは、ロンドンからスタートしたメガネ/サングラスブランド、「METRONOME®」を販売するMETRONOME DESIGN INC.の日本オフィシャル通販サイト・METRONOME-Tokyo OnlineのIwaiです。

 今までOKDさんがスタッフブログを更新されていたと思いますが、わたくしiwaiも定期的にブログを書くことになりました。拙い文章ではございますがぜひ最後まで読んでいただけると幸いです^^

 今回は、入社したばかりの私が「ひとつは持っておくべきアイテム」と「オススメのメガネ」を紹介したいと思います。 

 

ひとつは持っておくべきアイテム〜衝撃を受けた話〜

ひとつは持っておくべきアイテム。それはズバリ、本の形をしたメガネケースです。私自身、1メガネユーザーで、メガネケースよりもメガネに触れる機会の方が圧倒的に多く、メガネケースのデザインまでこだわって選んだことはありませんでした。しかし、入社して初めてメトロノームの『Dictionary Book Tray』を見たときはかなり衝撃を受けました。

 

________こんなかっこいいメガネケースがあるのか、、、!

 

と頭の中で何回も反響したくらいです。メガネケースとしての役割はもちろんですが、小物入れとしても使えるし、部屋のインテリアとしてさりげなく置いてもお洒落。メガネ以外に必ず一つは持っておきたいアイテムだなと思いました。

 

オススメのメガネ

続いて、私のご紹介したいオススメのメガネは、

 

『Distortion melancholia』

 

です。このメガネは直訳すると”歪んだ憂鬱”という意味で、ショッキングな雰囲気が出てますが、メガネは非常にかっこいい作りとなっています。フレーム表面の加工を見てみると、ブランド独自の加工技法「化石加工」によりゴツゴツとした質感になっています。まさに“歪んだ憂鬱”を現しているなと思いました。岩本代表にお話を伺ったところ、実際にそういう意図でデザインをされたそうです。

また、メトロノームのメガネの中では落ち着いたカラーリングで、年齢問わずかけやすいメガネなっています。

(余談ですが、サイズは大きめで作りもしっかりとしているので、かけた時に小顔に見せてくれる効果もあります。)

メガネひとつとっても、そこにはユニークかつハイセンスな制作背景があったことを知り、METRONOME DESIGN INC.にさらに愛着が湧いたIwaiでした。 

 

最後に

いかがでしたでしょうか。人生で初めてブログを執筆したので、読みづらくなったかもしれませんが、今後も温かい目で見ていただけると幸いです。

今回ご紹介した『Dictionary Book Tray』や『Distortion melancholia』をはじめとするMETRONOMEのアイテムはこちらから一覧をご確認いただけます。

最後まで読んでいただきありがとうございました。

Iwai

関連記事

2022年のトレンドといえば「丸眼鏡」メガネの聖地・鯖江で生まれたSprungについてお話しします I METRONOME

2022年のトレンドといえば「丸眼鏡」メガネの聖地・鯖江で生まれたSprungについてお話しします I METRONOME

トレンドの予感もするクリップレンズ?厳しい紫外線から目をサングラスで守ろう。

トレンドの予感もするクリップレンズ?厳しい紫外線から目をサングラスで守ろう。

サングラスを使ったおしゃれの秘訣は顔を飾るアイテム選び。素材、製造工程、デザインを追求して実現されるおしゃれな2022年のトレンドサングラスをご紹介します。

サングラスを使ったおしゃれの秘訣は顔を飾るアイテム選び。素材、製造工程、デザインを追求して実現されるおしゃれな2022年のトレンドサングラスをご紹介します。