2022年流行りの丸型レンズのサングラス『Lily』の魅力 I METRONOM

2022年流行りの丸型レンズのサングラス『Lily』の魅力 I METRONOM

こんにちは、ロンドンからスタートしたメガネ/サングラスブランド、「METRONOME®」を販売するMETRONOME DESIGN INC.の日本オフィシャル通販サイト・METRONOME-Tokyo OnlineのOKDです。

本日はTopの写真にもある「丸型レンズのサングラス『Lily』」について書いていきたいと思います。『Lily』とは当サイトで取り扱っているMETRONOME-Design Inc.オリジナルブランドTRADに所属するサングラス(眼鏡)フレームです。

こちらの写真の通り、Lilyは2022年一段と人気があがっている丸型レンズを採用しております。フレーム単体の写真だと少し小ぶりにも見えますが、実は割と視野のカバー範囲も広いです。

レンズカラーもイエロー、グレー、ブルーの3色あり、それらは「クリップレンズ」という装着形式のサングラスとなっています。フレーム本体は「クリアな眼鏡レンズ」を搭載しており、その上からクリップでサングラスレンズを被せているのです。

無駄な部分を削ぎ落としたクラシカルなデザインに、ラウンドタイプのレンズ形状。デフォルトのレンズには「乾レンズ」を採用し、ブルーライトカット仕様となっております。普段パソコンやスマホに向き合う時間が長い方におすすめです。

フレーム形状はテンプル部分(耳にかかる部分)が2種類(ストレート形状/縄手巻き形状)。フレームカラーも2種類(アンティークシルバー/アンティークゴールド)あります。

例えばこちらは形状がストレート、フレームカラーがアンティークゴールド、サングラスレンズにはイエローを選択した場合のLilyのセットです。

そしてLilyをはじめとするTRADのラインナップでは、もう一つ特徴があります。それは「跳ね上げレンズ」です。またはFlip upとも呼ばれています。下図のように、レンズの上部が可動式になっており、レンズを跳ね上げることができます。

一時的に視点を変えたい時や、急に眼鏡が曇ってしまった時など、その度にサングラスを外す手間がなくなるなど、きちんとメリットもあります。もちろん跳ね上げという仕様がただひたすらに面白い、という声もあります。

クリップレンズのサングラス、跳ね上げ、そして2022年流行りの丸型レンズと、一見クラシカルなデザインながら遊び心も満載のおしゃれアイテムとして、スタッフも愛用するフレームです。

今回ご紹介した丸型レンズ『Lily』の他に、2022年現在TRADではその他2種のサングラスをご紹介しています。まずは、ボストンシェイプの『Lotus』

それからクラウンパントシェイプの『Gentian』です。

『Lotus』も『Gentian』も『Lily』同様のフレームカラーバリエーション、クリップレンズのサングラスカラー3種が選ぶことができます。一部人気商品は既に完売・欠品がでております。

もし、ご検討いただけるようでしたらお早めにご購入いただければ幸いです。

今回ご紹介した『Lily』をはじめとするTRADのサングラスはこちらから一覧をご確認いただけます。

以上、OKDがお送りしました。

関連記事

【2022年のトレンド】梅雨のマンネリを解消するメガネファッション

【2022年のトレンド】梅雨のマンネリを解消するメガネファッション

トレンドの予感もするクリップレンズ?厳しい紫外線から目をサングラスで守ろう。

トレンドの予感もするクリップレンズ?厳しい紫外線から目をサングラスで守ろう。

【2022年・日本国籍者向け】日本から海外旅行/出張にいく際に準備すべき物/こと。

【2022年・日本国籍者向け】日本から海外旅行/出張にいく際に準備すべき物/こと。