【2022年のトレンド】梅雨のマンネリを解消するメガネファッション

【2022年のトレンド】梅雨のマンネリを解消するメガネファッション

こんにちは、ロンドンからスタートしたメガネ/サングラス(アイウェア)ブランド、「METRONOME®」を販売するMETRONOME DESIGN INC.の日本オフィシャル通販サイト・METRONOME-Tokyo Onlineで新しく広報を担当することになったOYAKEです。

METRONOMEについて

このブログでは、自社ブランドであるMETRONOME®︎をはじめとする、デザイン性にこだわったメガネ/サングラスについてご紹介しています。

METRONOME®️はロンドン初のブランドとして、デザインや素材にこだわって製造されております。そのデザイン性は国内だけでなく国外でも高く評価され、ヨーロッパを中心に世界でもお取り扱いいただいております。

海外・国内展示会への出展経験も年々積み重ね、パリ、ミラノ、ミュンヘンなど、各地へ出張もしております。

さて、当サイトはオンラインストアですので、気に入ったメガネ/サングラスは同じサイトでご注文いただくことが可能です。全国へお届けさせていただきます。また、各地に正規取り扱い代理店もございます。お近くに代理店がある場合は、ぜひそちらもご利用いただければと思います。

 

 

目次

  1. 梅雨につけるメガネのポイント
  2. おすすめメガネ3選
  3. 終わりに

 

 

今回のテーマ

最近雨が多くなってきて、梅雨を感じてきました。

ということで、今回は「梅雨につけたいパッとするメガネコーデ」をご紹介します!

 

1.まずは、梅雨にメガネをつけるポイントです。

 

①地味カラーにカラーアクセント

雨の日って汚れたくないしジメジメしてテンション下がるし、おとなしいめのダークカラーを着てしまいがちだと思います。でも見た目から暗い気分になるし、でも明るい色の服を着て汚すのも嫌だし・・・。

そういう時に汚れる心配のないカラーグラスをつけて、見た目から気分を上げていきましょう!

 


②曇らないようなサングラス

雨の日にメガネをつけると、曇ってしまわないか心配じゃないでしょうか?曇ったらイライラするし、作業効率も落ちるし、煩わしいですよね。

そういう人はグラスが取り外せるメガネを選ぶと、煩わしさを感じずにメガネを付けられるのでおすすめです!

 

③季節感を味わう

メガネも一種のファッションですし、夏には夏らしいものを、冬には冬らしいものをつけると、見た目だけでなく内面からおしゃれを楽しめますよね。メトロノームには色々な背景を持ったメガネがあるので、自分の好きなメガネをぜひ探してみてください。

 

 

2.ここからは、梅雨を楽しめるサングラス3選です。

  

Summer Rain [METRONOME]



明るい色が夏を感じさせて、ジメジメした梅雨でも気分が明るくなります。

名前の通り、夏に降る雨を感じさせて、涼しくてしっとりした雰囲気になれます。

 

 

 

Tears [Resonance]

日本語で涙という意味のサングラス。

まるで涙が滴り落ちるようなデザインで、梅雨の雨とリンクします。

レンズが入っていないタイプなので、湿気でレンズが曇る心配もありませんね

 

 

  

八雲MonkeyFlip


八雲とは、雲が重なり合う様子を表した日本語です。そんな言葉通り、ゴツくて「重厚感」「ボリューム感」があるサングラス。

空を見上げて雲が重なり合ってたら、このメガネを付けていくとファッション的にも、気分的にも、統一感が出るのではないでしょうか

 

 

いかかでしたか?

可愛いメガネをつけて、雨の日も乗り切りましょう!

以上、OYAKEでした。

関連記事

【2022年5月更新】通販でのメガネ/サングラスのご購入イメージ ・跳ね上げ&丸眼鏡『Summer Rain[ METRONOME ]』の場合 I メトロノーム

【2022年5月更新】通販でのメガネ/サングラスのご購入イメージ ・跳ね上げ&丸眼鏡『Summer Rain[ METRONOME ]』の場合 I メトロノーム

トレンドの予感もするクリップレンズ?厳しい紫外線から目をサングラスで守ろう。

トレンドの予感もするクリップレンズ?厳しい紫外線から目をサングラスで守ろう。

2022年流行りの丸型レンズのサングラス『Lily』の魅力 I METRONOM

2022年流行りの丸型レンズのサングラス『Lily』の魅力 I METRONOM