そろそろ2022年冬、2023年も見据えてみる。トレンドのメガネ/サングラス(アイウェア)はどうなるか。

そろそろ2022年冬、2023年も見据えてみる。トレンドのメガネ/サングラス(アイウェア)はどうなるか。

(2022年11月アップデート)

 

こんにちは、

ロンドン発の眼鏡/サングラスブランド

METRONOME®️などを販売する

オンラインストア

METRONOME-Tokyo Onlineの

OKDです。

 

今回は来る2022年冬〜2023年の

眼鏡/サングラストレンドについて

考えていきたいなと思っております。

 

やはり

引き続きアセテート素材は安定的に

動きそうな気配がしています。

実際に参加した海外展示会などをみてみても、

アセテートをはじめとするプラスチック系統の

眼鏡/サングラスが多数展示されております。

(ヨーロッパ)

 

他方でアジアでは引き続きチタン性の

高級感ある眼鏡が人気を維持しそうです。

 

目次

  1. コスパ&デザインで安定のアセテート

  2. レンズサイズ、フレーム素材も多彩な丸型眼鏡/サングラス

  3. クラシカルで高級感あるチタン製フレームの指示も厚い

  4. 2023年のトレンドはズバリ細身のテンプル?

 

コスパ&デザインで安定のアセテート

まずはアセテート系で

当サイトで販売しているものの中から

イメージ近いものをお見せしていきます。

ブランド名Resonanceのサングラスです。

プロダクト名はWONKA。

不動の人気・安定感を誇る

ウエリントンタイプのフレームです。

 

「困った時はこれ!」

というくらい場面を選ばず使用できる

汎用性の高さもウリです。

 

同じ形状のもので、

よりキャッチーなデザインもあります。

すこし冒険したおしゃれをしたい時には

こういったクリアなフレームも良いですね。

 

それからおなじくウエリントンタイプの

サングラスであるMINXもおすすめです。

(実は当サイトでも1番人気)

こちらは一見するとサングラスですが

じつはサングラスフレームは

クリップでフレーム状に固定しています。

 

取り外しが可能で、

サングラスレンズを外すと

クリアレンズが姿を表します。

フレーム本体をお好みのレンズへ

レンズ交換することで、

例えば本体度付きレンズ+

クリップレンズはサングラスといったように

度入りのサングラスとしても活躍します。 

(冬らしいマットクリアーも人気です)

海外での人気はもちろんのこと、

日本国内でも高く評価されるフレームです。

 

また、

こういったアセテートフレームは

表面加工」すると

また違った印象を作ってくれます。

通常のフレームからあえて艶を落とし

クラシカルなマット加工をすると

しっとりした印象になります。

 

削りを入れてゴツゴツ感を出す

「化石加工」も人気です。

こういった加工モノは海外でも

注目を集め、

フランス、イタリアなどの

顧客を中心に多くオーダーを受けました。

受注から完成まで、

概ね7日〜14営業日ほどです。

 

レンズサイズ、フレーム素材も多彩な丸型眼鏡/サングラス

それから丸型眼鏡もご紹介します。

アセテートとチタンの組み合わせである

Sprung-eyewear」です。

海外でも色々なバリエーションがある

アセテートフレームの丸眼鏡。

 

こちらの写真の眼鏡は

日本の眼鏡の聖地とも呼ばれる

福井県鯖江市で製造されています。

受注後1つ1つ手作業で部品を

組み上げていくため、

納品まで時間がかかるものの、

鯖江の職人の技が光るアイテムと言えます。

 

海外ではここまでご紹介した様な

アセテートを中心として

カラーバリエーション豊富な

フレームが多くなってきた印象です。

 

ちなみに、

丸眼鏡つながりで

チタン製のメガネ/サングラスも

ご紹介したいと思います。

当サイトで販売するブランドの中でも

最もハイエンドなシリーズである

「METRONOME」から、

Summer Rain』のご紹介です。

(跳ね上げレンズでもあるチタン製の高級感溢れるサングラス)

丸型レンズのサングラス。

チタン製ならではの細身のフレーム。

そしてクラシカルな「縄手巻き」仕様。

メガネ/サングラス好きが唸る特徴を

凝縮した特別なアイテムとなっています。

こちらも併せてフォローいただけたら幸いです。

 

クラシカルで高級感あるチタン製フレームの支持も厚い

他方で、

チタン性のクラシカルデザインも

未だに根強い人気があります。

(ボストンシェイプ・チタン製・跳ね上げ・縄手巻き)

Tradのサングラスはチタン性、

アレルギーの方にも優しい素材です。

また、こちらもクリップレンズ仕様と

なっており、レンズは取り外し可能です。

(ボストンシェイプ・チタン製・跳ね上げ・縄手巻き)

レンズ交換も可能ですので、

カラーレンズや度入りレンズへ

交換すること良いかなって思います。

(定期的にそういったお問合せ&

ご注文もいただいております)

 

付属のクリップレンズも

レンズ交換可能ですので、

自分好みのカラーレンズへ交換、

ということもできますね。

(Tradの跳ね上げレンズ)

 

2023年のトレンドはズバリ細身のテンプル?

2023年のトレンドとしては

細身のかけやすいフレームが

伸びてきそうな気がしています。

(roro eyewear)

こういったやつですね。

あるいはもっとテンプルも細いもので

良いかなと思います。

 

ちょっと独特な形状ですが、

最新作のこちらなども面白いですね。

(Resonance『ILLUSION』)

左右でテンプル形状が異なるのですが

きちんとフィッティングできるよう

設計されております。

 

今後も国内・海外展示会へ参戦する予定なので

その場でも色々ウォッチしてきたいと

思います。

 

取り急ぎ今日はここまでで。

それでは。

OKD

関連記事

【*2022年8月更新】曇り止めいらずのおしゃれな眼鏡/サングラスを探してみた。

【*2022年8月更新】曇り止めいらずのおしゃれな眼鏡/サングラスを探してみた。

「クリップレンズ」の良さとは?「跳ね上げレンズ」だけじゃない機能性メガネ/サングラスで同じフレームのまま1日過ごせる!(METRONOME)

「クリップレンズ」の良さとは?「跳ね上げレンズ」だけじゃない機能性メガネ/サングラスで同じフレームのまま1日過ごせる!(METRONOME)

今って海外出張できるのか調べてみた・コロナ禍のヨーロッパ(続編・2022~2023)

今って海外出張できるのか調べてみた・コロナ禍のヨーロッパ(続編・2022~2023)

x