【*2022年11月更新・夏秋の最新トレンド】人気ブランドが販売するおしゃれなクリアー系・丸型のサングラス(メガネ)をご紹介します。 I METRONOME

メトロノーム,サングラス,メガネ,通販,おしゃれ,2022,ケース

(*2022年11月更新)

 

こんにちは、

ロンドンからスタートしたメガネ/サングラスブランド、

「METRONOME®」を販売するMETRONOME DESIGN INC.の

日本オフィシャル通販サイト。

私はMETRONOME-Tokyo OnlineのYamadaです。

 

気付けば私用のサングラスコレクションが

山積みになってきて、

周囲からも若干あきれられております。

 

さて、気を取り直して今回は、、、

2022年のトレンドのサングラス、メガネフレームをお探しの方へ

ズバリ2022年のトレンドはアセテート素材を

中心としたクリアフレームサングラスや丸眼鏡である

と考える筆者が、日本、そして海外の展示会などで

実際にその目で見たトレンドをベースに、

このブログではサングラス大好きスタッフである

私=Yamadaが最新のメガネ/サングラス事情について

書いております。

 

 ・・・

目次

  1. はじめに

  2. トレンドのサングラスを輩出する『Resonance』とは

  3. おすすめ商品

  4. 便利なサングラス収納ケース

  5. 2021〜2022年の新作のご紹介

  6. オプション「レンズ交換、フレーム加工サービス」開始!

・・・

1. はじめに


本日は、海外、そして日本でも流行り始めている

アセテート素材の商品を中心に、

【2022年夏秋の最新トレンド】
おしゃれなクリアー系・丸型のブランドサングラス、
メガネをご紹介します

ということでお話をしていきます。

 

まず、クリアー系の観点では、

「アセテート」という素材がコスパ、

デザイン性の自由度などの理由から非常に人気があり、

2022年も引き続き主要なメガネ素材として

注目されております。

 

2021年〜2022年の国際展示会では、

そのアセテート素材を利用したクリアーな

メガネ/サングラスが非常に人気を集めました。

特にヨーロッパのバイヤー様からの関心度が高かった印象です。

 

メガネ・サングラスですと、

ヨーロッパがやや先行してトレンドを作っていく印象です。

なぜなら、ヨーロッパは「アイウェア大国

だからです。

 

ヨーロッパ各国のブランドを見ても

そのデザイン性は日本ではなかなか

見ることができないものばかり。

もちろん国によって差はありますが

一本数万円するサングラスがどんどん

売れてゆくのがヨーロッパなのです。

 

アイウェア大国であるヨーロッパで

すでに流行っているものとあり、

日本においても、

2022年の夏秋ではクリアー系が伸びそうです。

それゆえ、アセテート素材が

ますます重宝されていきそうです。

そもそも、アセテート素材とはどんなものなのか、

一般的には以下のような特徴があります。 

  • 植物の繊維素材から作られるプラスチックの一種。
    環境に優しく、植物由来なのでアレルギーが少ない。
  • 透明度が高く、色の発色に優れている。
    また、色や柄の組み合わせの自由度が高い。
    (当ショップでも人気のクリアー系のフレームなど!)
  • 軽さもありつつ、強度もあるためコストパフォーマンスが良い。

といった具合です。

当ショップのブランドでも、

アセテート素材を使用しているものがございます。

 

デザイン性、機能性も高いながら価格が手頃で、

コスパの良さでも評価されているブランド

レゾナンスResonance)』シリーズで

そのアセテート素材を採用しております。

アセテートは素材として扱いやすく、

当ショップで「プラ系」というと

概ねアセテート素材です。

 

2. トレンドのサングラスを輩出する『Resonance』とは


(ブランドのオリジナルケース、メガネ拭きが付属)

2022年6月、紙の外箱は終了いたしました。オリジナルケース、セリートは引き続き付属いたします。

メガネ,サングラス,トレンド,ブラック,メンズ,レディース
(2021年〜2022年の新作モデル)

・・・

2021年、要望が多かった意見「良いけど高い」「このデザイン性で安くして欲しい」「もう少しかけやすいもの」と言った日本側の意見を取り入れた、METRONOME®︎のセカンドラインとなります。

テーマはブランド名の通り「共鳴」。METRONOMEのテイストを誰にでも、少し「響きやすく」したデザイン、手頃な価格を実現しています。

・・・

Resonanceは、アセテート素材の強みである

「デザイン性の幅」を存分に活かし、

元祖METRONOMEにも負けない

「おしゃれ・カッコいい」デザインを実現。

 

さらに、製造工場なども配慮して

「手頃な価格を実現」しております。

ぜひ、METRONOME-Tokyo Online自慢の

メガネ/サングラス/アクセサリー収納ケースと一緒に

おしゃれに飾っている方も多いです。

(Resonanceシリーズの『MINX』とブックトレーケース(赤い本型のメガネケースです))

 

3. おすすめ商品


さて、前置きが長くなりました、、、。

アセテート素材の特徴を引き出したアイテムを、

色々とご紹介していきたいと思います。

まずはARISTO [Resonance 2021]

 

(ARISTO C3 : Three-dimensional Red x Clear (Blue light cut))
 

ラウンドシルエットタイプの、

シンプルなデザインのサングラスになります。

非常に使いやすく、どのシーン、

TPOでも合わせられるアイテムです。

 

透明感のあるクリアー系のフレームが

2022年〜2023年のトレンドを

作っていくように感じています。

 

丸型というのも良いですよね。

2022年に入ってから

際立って伸びてきていると思います。

チタン系の丸メガネもクラシカルでおしゃれですが、

アセテート系も負けてはいません。

resonance,サングラス,メガネ,おしゃれ,2021,2022,ブルーライトカット
(ARISTO C3 : Three-dimensional Red x Clear (Blue light cut))
 

さらに最近人気なのは、カラーレンズ。

カラーバリエーション豊富なカラーサングラスレンズも

2022年春夏にオススメしたいです。

 

当ショップでもResonance、

他のショップ取り扱いブランドではTradの

クリップレンズに代表されるような、

カラーレンズ商品が増えてきており、

やはり売れ筋です。

 

紫外線は年中存在しますから、

日差しの強い春や夏のお出かけの際は特に

カラーサングラスを活用して

おしゃれに過ごしたいものです。

 

また、

当ショップ取り扱いのサングラスでカラー番号などに

「C3 : Three-dimensional Red x Clear (Blue light cut)」とあるものは、

ブルーライトカット機能を搭載しております。

おしゃれなメガネでありつつ

機能性も兼ね備えたアイテムなのです。

軽さ・フィット感も良い感じですよ。

 

カラー系では、赤色のサングラス搭載もフレームもあります ↓

(C4 : Three-dimensional Red x Red(カラーサングラスレンズ))

ちなみに、

ブラックカラーもあるので、

良かったら見て行ってください。

緩過ぎずぴったりとはまる感じで

ちょうどいいサイズ感です。

スタッフ的には、

「見れば見るほど丸型良いな」って思います。

(C2 : Three-dimensional Black x Gray) 

ARISTOの詳細はこちら

 

その日のファッションなど、

用途に合わせて形状、

カラーを選んでみても良さそうですよね。

ARISTOに限らずResonanceシリーズは

さまざまな特徴のメガネ/サングラスをご用意しておりますので、

ぜひご覧くださいませ。

 

例えばですが、

ライトカラーレンズ=目が透き通るくらいの

カラーレンズを選ぶと

マスクをしていても表情が見えやすいです。

周囲からの印象も良くなりますよ。

(アウトドアシーンでは調光レンズもおすすめです)

 

そして2品目はこの通販サイトでも売れ筋の

スクエア型フレームサングラス「BLAST」です。

メトロノーム,サングラス,メガネ,アセテート,おしゃれ,通販
(C2 : Clear x Brown Demi x Green)  

太めのスクエアなタイプに、

フレームと玉型が異なるクリップが特徴の、

メトロノームのデザインを受け継いだシルエットのサングラスになります。

 

海外では一足先に人気のデザインとなっており、

日本でも人気が出始めているクリア生地で構成しているため、

太さの割りに全体のシルエットの軽快さを演出しています。

メトロノーム,サングラス,メガネ,アセテート,おしゃれ,通販
(C2 : Clear x Brown Demi x Green)
 

上から被せてクリップで固定することにより、

サングラスに即時変更が可能です。

フレーム本体にはデモレンズ(透明)、

クリップ部分にはサングラスレンズを搭載しています。

 
(Resonance『BLAST』)
 
(Resonance『BLAST』)
 

フレーム構造上レンズ変更可能となっております。

レンズ交換は、近くの正規メトロノーム、

レゾナンスの代理店、

もしくは眼鏡店舗へフレームは持ち込みにて

お客様自身でご対応いただく形になります。

 

*2022年から

当サイトでもオンラインレンズ交換サービスを開始いたしました。

度入りレンズやカラーレンズなど、幅広いオプションがございます。

度入りレンズへの交換を希望の場合はお手数ですが

「眼鏡処方箋」のご用意をお願いします。

 
BLASTの詳細はこちら 
 
クリアー×デミの組み合わせでいくとこちらのMINX [Resonance 2021]もおすすめです。
(MINX [Resonance 2021] C2 : Brown Demi x Brown)
 

太めのウエリントンタイプの

非常に特徴があるシルエットに、

ツーブリッジになるようにクリップをあしらった、

メトロノームのデザインを受け継いだ

シルエットのサングラスになります。

 

こちらもResonanceシリーズで好評の

「クリップレンズ」を採用。

クリアレンズ、クリップレンズ(サングラス)を

使い分けることでさまざまなシチュエーションに対応できます。

 

(C2 : Brown Demi x Brown(クリップを外したVer)
 
(C2 : Brown Demi x Brown(クリップを外したVer.2)
 
MINX [Resonance 2021] の詳細はこちら
 

目を保護するだけでなく、

おしゃれアイテムとしても大人気のサングラス。

機能性面でもおすすめなカラーレンズなど

当ショップではさまざまなアイテムを

ご紹介しております。

 

ちなみに、

日差しの強い夏は良いとして、

冬もサングラスが重宝されているというのは

ご存知でしょうか?

  

夏の日差し対して目の保護は

もちろん必要なのですが、

冬は冬で、

紫外線量が多いため目の保護は不可欠。

目に見える天気以上に

紫外線量が増える傾向があるのです。

 

少し本題から逸れますが、 

下記、サイズ感、ファッション性の

早見表を作成してみました。

ご参考になれば幸いです。

(縦軸:ファッション性、横軸:かけた時のサイズ感)
 
画像の一覧表は、縦軸が上下でファッション性、
カジュアル性の度合いを示しております。
横軸はサイズ感ですが、右に行けば行くほど、
かけた時に余裕がある大きめのフレームとなります。
 
Resonanceシリーズの一覧はこちら
 
 

4. 便利なサングラス収納ケース


また、せっかく購入したサングラスを
大切に保管する収納ケースなど、
アクセサリーも販売しておりますので、
色々組み合わせを試してみていただきたいです。
 
(Dictionary Book Tray 【METRONOME】)
 
上記はブックトレーケースと呼んでおります。
展示会などでも大活躍のインテリア性が魅力です。
 
(2021年開催の国際展示会にて。ブックトレーを使用した展示の様子)
   
また、サイズの大きなフレームでしたらこちらもおすすめ ↓
   
アクセサリーケースとしても使用できる
「メトロノームオリジナルのケース」
 
ご自宅保管用のケースとなりますが、
アクセサリーや腕時計など、
大切な小物類を保管するケースとして最適です。
 
各メガネ/サングラスフレームには
持ち運び用にもなるケースを1個
同梱して発送しております。
  
他方で、オリジナルスリムケースも販売しております。
よろしければこちらも併せてご確認ください。
 
 
メトロノームのアクセサリー・サングラスケースの一覧はこちら
 

5. 2021〜2022年の新作のご紹介


そして、2021年12月発売の新作
C4もクリア系!
こちらは初回生産分の限定生産です。
売り切れ次第販売終了となりますので、
気になる方はお早めに!
 
(C4 : Mat Clear (Resonance Color) : Clip Lenses : Blue) 
 
2017年SNS上に突如現れ、
独自のグラフィックセンスで
新世代のインフルエンサー達から火が付いた
謎に包まれた新ブランド
『KUDAN』
 
(C4 : Mat Clear (Resonance Color) : Clip Lenses : Blue) 
 
今回新たなプロジェクトとして、
ロンドン発のMETRONOMEから派生し、
2021年スタートしたアイウェアブランド
『Resonance by METRONOME®』を
コラボレーションパートナーとして指名。
 
両デザイナーによりゼロからプロダクトを作り上げ、
互いのオリジナルセンスを余す事なく詰め込んだサングラスが完成。
(商品詳細はこちら
 
(C1 : Black : Clip Lenses : Gray)
 
こちらも2021年の新作&既に完売している商品も出ているATTITUDE [DEVILOCK®︎ × Resonance by METRONOME®]
 
(C4 : Half Black Check(Resonance限定カラー))
   
25周年を迎えるレジェンドブランドDEVILOCKとResonance。
 
音楽との親和性も高いブランド同士がタッグを組んだ初コラボレーションアイテム。
 
25周年を迎えるレジェンドブランドDEVILOCKとResonance。
 
音楽との親和性も高いブランド同士がタッグを組んだ初コラボレーションアイテム。
 
写真のサングラスレンズタイプ、
それから同じフレームカラーで
ブルーライトカットレンズ搭載タイプと
2種類ご用意がございます。
 
今流行りの跳ね上げ仕様を搭載し、
個性的かつクラシックな表情に仕上がっております!
Attitudeは鼻パッドがついておりますので、
安定感もあり、重量も程よく軽いので
かけていてストレスが少ないです!
 
(2022年もトレンド入り期待の跳ね上げレンズ)
   
このようにResonanceでは、
ウェリントン型、ボストン型、
ビジネスシーンでも活用できるスクエア型などもあります。
 
フレームの「形状」でも、
お好みのフレームをお選びいただけます。
また、
当ショップではTradシリーズに代表されるような
動いてもずれにくい縄手のテンプルなども
業界によっては重宝されております。
 
(ATTITUDE [DEVILOCK®︎ × Resonance by METRONOME®])
 
2022年の新作モデル
「ILLUSION」も必見です!
 
左右で異なる形状の
ウェリントンタイプ。
跳ね上げレンズ仕様で、
2022~2023のトレンドを詰め込んだ
おしゃれ眼鏡/サングラスです。
「他にはない」眼鏡/サングラスを
お探しのあなたに、
是非オススメしたいアイテムです。
詳細はこちらからどうぞ。
 
また、他ブランドではございますが、
同じく当ショップで販売しているTradシリーズは
全商品ハンドメイド。
 
日本製というラインナップになっております。
一部商品は今流行りのレンズ跳ね上げを搭載 
またテンプル=耳にかかる部分をストレート、
もしくは縄手巻きからご選択いただくことが可能です。
  
Lily [Trad 2021] C1 : Antique Silver、縄手巻き、クリップレンズC1 Gray)
 
2022年の流行の丸メガネを代表する
クラシカルデザイン。
おしゃれに普段使いできるので
とっても重宝します。
スタッフの間でも人気のフレームです。
 
「ありふれた丸メガネじゃない方が良い!」という方へも
オススメの「跳ね上げ×丸メガネ」商品です。
 
 
さらに、
2021〜2022年の新作を
もう少しご紹介させてください。
クリアーフレームの決定版。
カッコいいを届けてくれるMonkeyFlip様の
 
インキュバス』です。
 
METRONOMEのオリジナルブランドではありませんが、
当サイトでも大変な人気のMonkeyFlipさま。
 
 
インキュバス[MonkeyFlip]
2019年よりスタートさせたコンセプトブランド。
 
「Screech=ケタタマシイ」をテーマに掲げ、トレンドを取り入れながらも決して落ち着くことのないフレームデザインが特徴です。
『インキュバス』は、直線的なフロント上部と柔らかな丸みのある下部が組み合わさった「クラウンパントデザイン」です。
 
今作最大の特徴は、うねりのあるテンプルデザイン。
 
インキュバスはフロントサイドのアップから、それぞれ異なる動きのうねったテンプルが流れるように伸びております。
 
今作のテーマでもある【夢魔-むま-】をイメージして、インキュバスには「xoxo…(hug&kiss)」をレーザで刻印しております。
真正面から見るのと、横からのアングルで見るのとで、
全く違う印象を創り出してくれます。
 
レンズ幅、ブリッジ幅がそれぞれ
(レンズ50mm/ブリッジ21mm)と
なっておりますので、
大きめのフレームをお探しの方にもおすすめです。
 
 
こういった攻めたデザインもいかがでしょうか?
当サイトでもお取り扱いがございますので、
ぜひこちらからチェックしてみてください。
 
さらにもう1つ。2022年に発表となった新ブランドTYBALT
 
 
2022年、東京でスタートしたアイウェアブランド。
シェイクスピア作品に登場するマイナーロール(脇役)たちにスポットを当てて、数百年経っても変わらない、愚かだが愛おしい人間らしさがテーマ。
普遍的なデザインで日常の名脇役となってくれる、スタンダードなコレクションを展開。
その中から丸メガネ・reganをご紹介します。
 
 
クラシックなボストンタイプデザインのフレームです。
商品企画に参画しているMETRONOMEの岩本が、
デザインにおいて一番線にこだわった商品となります。
 
ありがちなデザインではありますが、
現代の流行りを随所に取り入れた
最新型のボストンタイプとして、
自信を持ってお出しできる商品となっています。
 
特にかけた時の横から見たシルエットと、
メガネを畳んで置いた時の
「球型とテンプルの長さの差」の美しさを追求し、
かけ心地はもちろんですが
全てにおいて「主張していないが美しい」を
TYBALTらしく商品に落とし込みました。
  
TYBALTはこちらからも詳細ご確認いただけます。
 
2022年は新作ラッシュ!ということで、
5月からメガネの聖地鯖江で生まれたブランド
「Sprung」もご紹介しています。
 
 
 
惚れ惚れするような丸眼鏡。
クリップレンズ装着でサングラスとしても機能します。
細身のテンプルも特徴的です。
 
詳細はこちらにてご確認いただけます。
 

6. オプション「レンズ交換、フレーム加工サービス」開始!


2022年から、
当ショップでは度付き(度入り)レンズ、
ブルーライトカットレンズへの交換サービスを開始いたしました!
お手持ちの眼鏡処方箋をご提示いただければ、
当ショップにてレンズ交換を実施いたします。
 
 
(度付きレンズやカラーサングラスレンズなど、幅広く対応いたします)
 
また、カスタマイズサービスとして、
フレーム加工も開始しております。
 
(マット加工済みのフレーム)
 
「マット加工」は艶のあるグロス加工とは反対に、
しっとりと落ち着いた印象を与えてくれます。
表面の平滑性を抑えて光を乱反射させることで、
人間の目にマット調に見せるという加工です。
(※ 「マット加工」は印字をしていない外面のみを行います。)
 
(化石加工を施したフレーム)
 
化石加工」については、
METRONOMEが以前より取り入れている加工の一つです。
鯖江職人の手作業により生み出されるフレームは唯一無二。
同じ削り加工はできないため、全く同じデザインは存在しません。
さらに激しく削りを加えた「強化石加工」にも変更可能です。
 
普通では満足しない方におすすめの『見て、触れて』
楽しめる加工となっております。
ユニークなデザインのフレームを、
よりいっそう、あなただけのメガネ/サングラスに
近づけることができます。
 
お手持ちのフレームを加工したい、
あるいはこれから当ショップで購入する
フレームとセットで加工を注文したい
いずれの場合でも対応可能でございます。
  
レンズ交換、フレーム加工に関する詳細はこちらをご確認くださいませ。
 
*2022/03/02追記
最後に、、、、(しつこくてすみません)当ショップにて
2022年から「アンティーク腕時計」の取り扱いを
開始いたしました!その名も『Vague Watuch Co.』です。
 
・・・
“ アンティークウォッチの雰囲気を手軽に楽しめる腕時計 ” をコンセプトに製作したヨシダトレードカンパニーのオリジナル時計ブランド「VAGUE WATCH Co. ( ヴァーグウォッチカンパニー )」
現代の腕時計にアンティークウォッチの古き良き風合いを再現した商品を展開しています。
・・・
 
特にスタッフおすすめなのは、
私物として使用しているBLK SUBというモデルです!
 
"アンティークウオッチの雰囲気を手軽に楽しめる腕時計"をコンセプトに製作された VAGUE WATCH Co.の旗艦モデル「BLK SUB」は1970年代に某国海軍の上官に支給されたダイバーズウオッチがモチーフです。
 
所々メッキの落ちた時計本体は、IPメッキをかけた後に一つずつ職人の手により表面を粗く削る加工を施し長年使い古したような風合いを表現しております。
商品ページより引用)
 
巷ではスマートウォッチが
多くなってきましたが
アンティーク腕時計だからこそ
飾れるカッコ良さは失われておりません!
 
BLK SUB
 
他にもステンレスベルトの腕時計もございます。
 
ちなみに、
ステンレスベルトは専用工具
(Amazonなどで1,000円ほどで売っているもの)で
割と簡単に調節できますよ!
 
もちろん、
ご注文時に備考欄などで
ベルトサイズをお伝えいただければ、
調整の上でお届けします!
 
Vague Watch Co.のアイテム一覧はこちら
 
当ショップトップページはこちら
 

メトロノームのインスタグラムはこちら↓

  

最後までお読みくださりありがとうございました!

それでは!

Yamada

関連記事

サングラスを使ったおしゃれの秘訣は顔を飾るアイテム選び。素材、製造工程、デザインを追求して実現されるおしゃれな2022年のトレンドサングラスをご紹介します。

サングラスを使ったおしゃれの秘訣は顔を飾るアイテム選び。素材、製造工程、デザインを追求して実現されるおしゃれな2022年のトレンドサングラスをご紹介します。

国際的アイウェア見本市「MIDO」に出展。2023~2024最新のメガネ/サングラストレンドを探ってきます!

国際的アイウェア見本市「MIDO」に出展。2023~2024最新のメガネ/サングラストレンドを探ってきます!

metronome,サングラスケース,ソフトケース,メガネ,おしゃれ

【2022年5月更新】ブック型ケースを使ったメガネ/サングラスをおしゃれに収納するコツ I METRONOMEのメガネ/サングラス収納ケース

x