メガネ/サングラスの通販でレンズ交換、度入りレンズはどうすれば良いの?

メガネ/サングラスの通販でレンズ交換、度入りレンズはどうすれば良いの?

こんにちは、

ロンドン初のサングラスブランド

METRONOMEを販売するオンラインストア

METRONOME-Tokyo Onlineの

OKDです。

 

今回はメガネ/サングラスを

通販で買うときのレンズ交換の仕方について

お話ししたいと思います。

最近は色々なものが

ECで販売されるようになり、

メガネ/サングラスも例外ではありません。

 

サングラスならば、

サイズ感さえ間違えなければ問題ないでしょう。

 

ですが、

度入りレンズ付きのメガネの購入、

もしくは購入するメガネのレンズ交換を

したい場合はどうすれば良いのでしょうか。

 

度入りレンズの場合、

大前提として「あなたの目の現状」を

把握する必要があります。

 

いわゆる「検眼」です。

眼鏡屋さんなどで、

フレームを購入すると同時に

検眼することもできますし、

眼科などで検眼をしてもらい

「眼鏡処方箋」を発行してもらう

方法もあります。

 

また、度入りレンズでない場合も

機会があれば瞳孔間距離(PD)を

測っておくと、

フレーム選びの参考になります。

詳しいことは省きますが、

瞳孔間距離(PD)を知っておくと

ご自身に合うサイズのメガネ/サングラスが

選びやすくになります。

さて、レンズ交換のお話です。

今回は

「オンライン通販でメガネを買い、

そのレンズ交換がしたい」という

前提でお話しします。

 

方法は大きく3ございます。

  1. 街の眼鏡屋さんでフレームを持ち込んで交換する
  2. 購入ストアの正規取扱代理店へ持ち込む
  3. オンラインでレンズ交換を申し込む

まず1)ですが、

複雑な設計のフレームデザインでなければ 

基本的には受けてもらえる場合が多いです。

逆を言えば、

・極端にレンズサイズが大きい

・フレームがとても細い

・デザイン的に圧がかかると破損しやすい

場合などは断られる可能性があります。

 

また、

オンライン通販で購入したフレームが

他社メーカー製品である場合

「他社製品持ち込み料金」が交換代金に

上乗せされるでしょう。

 

当ショップのフレームの場合

一度試しに某有名眼鏡店へ持ち込んだところ

ResonanceのMINXは

交換料金+持ち込み料で交換できました。 

また、

聞いたところではMETRONOMEのDelongeは

レンズサイズが大きいため割増料金が

見積もり時に提示されたとのことです。

このように眼鏡店さんからして、

他社製品と認識されるものは

割高での交換となります。

 

フレーム破損の可能性もありますので、

なるべく他社製品は触りたくないのでしょうね。

 

続けて2)の正規代理店持ち込みです。

こちらが比較的無難な選択かなと思います。

代理店ですので、

そうでない眼鏡店さんよりも

持ち込まれるであろうフレームへの慣れも

あるかと思います。

 

そして、代理店にもよりますが

検眼ができる場合もあり、

度入りレンズ希望の場合は

その場でレンズ情報を取得することが

できると思います。

 

デメリットとしては、

代理店によって取扱い在庫や種類に

違いがあることや、

検眼ができる/できないの違いもあります。

 

そして、大手ほど店舗の数が

あるわけではないので、

お住まいの地域によっては

代理店利用が難しい場合があるでしょう。

 

とはいえ、

実物を試着しつつ吟味でき

ついでに度入りレンズも制作できるのであれば

代理店利用が一番良い選択なのかなと思います。

 

近くへお越しの際はぜひご利用ください。

 

最後に3)についてお話しします。

最近ではオンラインレンズ交換をする

ネットショップが増えてきております。

 

当ショップもその例に漏れず、

オンラインレンズ交換サービスを

開始いたしました。

 

主に

  • 度入りレンズ
  • カラーサングラスレンス
  • ブルーライトカットレンズ
  • 調光レンズ
  • ゲーミングレンズ

への交換が可能です。

どれか1つ、も可能ですし、

組み合わせでもレンズ交換可能です。

例えば度入りレンズで、

かつブルーライトカット仕様にすることも

可能です。

あるいはカラーサングラスレンスを

ブルーライトカット仕様にすることも

可能です。

利用方法は、

まず「眼鏡処方箋」をご提出いただきます。

「眼鏡処方箋」にはレンズ作成に必要な

情報が記されており、

眼科や眼鏡店などで発行してもらうことができます。

 

処方箋を取得したら、

通販サイトでフレームを購入、

もしくは既にお持ちのフレームを

レンズ交換業者へ郵送していただきます。

 

フレームをお預かりし、

レンズの加工、フレームへのはめ込み作業を

したのちお手元へ郵送されます。

 

デメリットとしては

端的には「時間がかかります」

 

工場にてフレーム預かりとなるため

フレームは一時的に手元を離れます。

 

また、工場への輸送時間などもあり、

当ショップでのオンラインレンズ交換は

決済からお届けまで7~14営業日ほどかかります。

 

デメリットもありますが、

オンライン通販で

フレームの購入&レンズ交換が

一括で注文できますので、

慣れている業者にお願いできるという

安心感はあるかと思います。

 

通販サイトで購入するフレームの

レンズ交換に関しては本ブログで記載の通り

さまざまな方法とメリットデメリットがあります。

 

本ブログが読んでくださった方の

フレーム選び、レンズ交換の参考になれば

幸いです。

 

それでは

OKD

関連記事

初めてのサングラス選びにお困りの方へ、ブランドバイヤーがおすすめするおしゃれかつ手頃なアイテムをご紹介

初めてのサングラス選びにお困りの方へ、ブランドバイヤーがおすすめするおしゃれかつ手頃なアイテムをご紹介

先行予約受付開始・ILLUSION [ ALDIES × Resonance ] おしゃれ眼鏡/サングラス

先行予約受付開始・ILLUSION [ ALDIES × Resonance ] おしゃれ眼鏡/サングラス

冬にもそのまま使える、サングラスが1年通して活躍する理由。

冬にもそのまま使える、サングラスが1年通して活躍する理由。

x