話題のマット・化石加工を表面に施したサングラスのご紹介 I METRONOME

話題のマット・化石加工を表面に施したサングラスのご紹介 I METRONOME

 

 

こんにちは、ロンドンからスタートしたメガネ/ サングラスブランド、「METRONOME®」を販売するMETRONOME DESIGN INC.の日本オフィシャル通販サイト・METRONOME-Tokyo OnlineのOKDです。

今回は、2022年から開始した新サービス「フレーム加工」で製造したサングラスをご紹介したいと思います。

突然言われても、フレーム加工ってどういうこと?と思われるかもしれません。こちらは文字通りメガネ/サングラスのフレームの表面上(本来であれば平らですよね)に、凸凹の削りを入れた「化石加工」と呼ばれる技法。それからしっとりと落ち着いた印象を与える「マット加工」という技法、当サイトではこの2種類となります。

何はともあれまずは現物を是非みてください。まずは「通常のフレーム」の画像=まだ何も加工を施していないフレームがこちら↓

お分かりでしょうか?加工前のフレームは艶感が結構ありますよね。マット加工などでは、あえてこの艶を抑えて落ち着きのある印象のサングラスフレームを作り出すのです。

それがこちら↓ マット加工バージョンです。

いかがでしょうか?(フレームの形状が異なるのはご容赦ください)同じブラックフレームで、素材も同じですが、加工ひとつ加えるだけで落ち着いた、重厚感のある仕上がりになっております。

ちなみに、クリアー系のフレームもマット加工できますよ。たとえばBLASTというサングラス(メガネ)の場合ですと、、、加工前↓

加工後にこうなります↓

クリア感をあえて抑えることで、全く違う表情を見せてくれますね!

そして、マット加工以外にも「化石加工」という技法でのメガネ、サングラスフレーム加工も承っております。それがこちら↓ 

なかなか画像だと分かりにくいとは思うのですが、良く見ると表面上がギザギザしているように見えるというか、明らかに平ではない感じが伝わるかと思います!

これが化石加工と呼ばれるもので1枚1枚削っております。よって、全く同じ柄というものが存在しません。まさに自分だけのフレームとなるわけですね。元々、当ショップではMETRONOMEというブランドで化石加工を施したメガネ/サングラスもご紹介しております。

同じフレームでも、加工ひとつで顔の印象をガラッと変えてくれる。それがアイウェアの役割の一つでもあります。ぜひ、お手持ちのフレーム、もしくは当ショップで購入したいフレームを加工してみてくださいませ!

ちなみに、、、

今回、いくつか既に加工したフレームを用意しております(というか、作りすぎました笑)こちらは加工期間を待つことなく(通常ですと7〜14営業日)、すぐの発送が可能です。

ご注文はこちらhttps://metronome-eyewear.tokyo/collections/customize)から。ぜひチェックしてみてください(数量限定です)

それでは!

OKD↓

関連記事

【2022年春夏】アンティークな腕時計とサングラスを楽しむ(メンズ・レディース) I VAGUE WATCH Co.

【2022年春夏】アンティークな腕時計とサングラスを楽しむ(メンズ・レディース) I VAGUE WATCH Co.

【EC在庫情報】人気の跳ね上げレンズ仕様のサングラスを再販売します!

【EC在庫情報】人気の跳ね上げレンズ仕様のサングラスを再販売します!

【保存版・2022年最新】デザイナーから見た、メガネ/サングラス素材の最新事情とそれぞれの特徴(METRONOME)

【保存版・2022年最新】デザイナーから見た、メガネ/サングラス素材の最新事情とそれぞれの特徴(METRONOME)

x