メガネ/サングラスフレームの表面は加工できる?どういうことなのか(METRONOME)

メガネ/サングラスフレームの表面は加工できる?どういうことなのか(METRONOME)

こんにちは

ロンドン発のメガネ/サングラスブランド

METRONOME®️を販売するオンラインストア

METRONOME-Tokyo OnlineのOKDです。

 

今回は

「メガネ/サングラスフレームの加工について」

書いていきたいと思います。

メガネ/サングラスのカスタマイズといえば

レンズの作成・交換が一般的ですね。

 

実は、

フレームの材質にもよりますが、

メガネ/サングラスは「表面加工」が

可能なんです。 

 (クリアフレームをマット加工した例)

METRONOME-Tokyo Onlineでは、

クリアフレームの艶を落とすことで

シックな表面に変える「マット加工」や

独特な削りを入れる「化石加工」を

提供しております。

 (表面に削りを入れた化石加工)

表面に削りを入れる化石加工は

浅い削りとより深い削りの2種類があります。

(画像は削りが深いもの)

 

フレームごとに1枚1枚削りを入れているので

全く同じ削りのフレームはありません。

プラスチック系のフレームが

これらの加工をしやすいです。

ゴツゴツとしたクラフト感がお好きであれば

化石加工がおすすめです。

落ち着いた、高級感あるデザインであれば

マット加工のフレームが良いかもしれません。

(マット加工を施したブラックカラーのフレーム)

写真でもわかりやすいように

このブログでは黒色のフレームを

掲載しておりますが、

表面加工についてはどのカラーでも

対応可能です。

 

加工方法が同じでも

元々のカラー次第で加工後に見せる印象も

全然変わってくると思います。

ぜひ色々なフレームで表面加工を

試してみていただけたらと思います。

 

加工についてもお気軽にチャット、

公式LINEなどからお問い合わせください。

お待ちしております^^

 

表面加工におすすめ、

Resonanceのメガネ/サングラスはこちら

 

表面加工のオーダーはこちらから

 

それでは

OKD

関連記事

自分のセンスを表現する個性的なアイウェア(カラーバリエーションも豊富・METRONOME)

自分のセンスを表現する個性的なアイウェア(カラーバリエーションも豊富・METRONOME)

国際的アイウェア見本市「MIDO」に出展。2023~2024最新のメガネ/サングラストレンドを探ってきます!

国際的アイウェア見本市「MIDO」に出展。2023~2024最新のメガネ/サングラストレンドを探ってきます!

メガネ/サングラスのレンズ交換はオンラインでできる?(METRONOMEアイウェア)

メガネ/サングラスのレンズ交換はオンラインでできる?(METRONOMEアイウェア)

x