【2022年11月更新】コレクター向け・メトロノームオリジナル眼鏡・サングラス収納ケースのご紹介(METRONOME)

【2022年11月更新】コレクター向け・メトロノームオリジナル眼鏡・サングラス収納ケースのご紹介(METRONOME)

(*2022年11月更新)

 

こんにちは、

ロンドン発のメガネ/サングラスブランド、

「METRONOME®」を販売する

METRONOME DESIGN INC.の

日本オフィシャル通販サイト

METRONOME-Tokyo OnlineのOKDです。

 

当ショップでは、

オリジナルブランドの

眼鏡(メガネ)/サングラスフレームを中心に、

他にはない、おしゃれなアイテムを販売しております。

 

当ショップのメガネ/サングラスフレームは

デザイン性を高く評価していただいており、

複数本コレクションしていただく方もいらっしゃいます。

 

当ショップでは原則1フレームにつき1つ、

ケースをお付けしております

(*稀に、キャンペーン商品などでは

フレームのみの販売をすることがございます)

 

他方で、

1本1本収納するケースだけでなく、

複数本を1度にまとめて収納できる

「ケース」も販売しております。

というわけで本日は

当ブランドオリジナルの

「収納ケース」をご紹介していきます。

 

まずはこちら

「Dictionary Book Tray 【METRONOME】」。

写真の眼鏡の下に敷いてある

「本に見えるもの」なのですが、

実は本ではなく

「メガネ/サングラス収納ケース」なのです。

表紙を捲ると中は仕切りが入っていて、

メガネが4本収納できるようになっております。

もちろん小物入れとして

腕時計やアクセサリー類などを

収納することもできると思います。

例えばで何冊か並べてみると

なかなかおしゃれなインテリアにもなりますよ。

ただ、

ご注意いただきたい点がいくつかあります。

まず蓋の開閉について。

一般的なサイズ感のメガネ、

サングラスフレームであれば

問題なく蓋を閉じることができ、

マグネットのおかげで蓋が勝手に

開くことはありません。

ただし、

大ぶりなメガネ/サングラスとなってきますと、

蓋が閉じ切らない場合がございます。

このブックケースを縦置きする際は

蓋の閉まり具合、

転倒にご注意ください。

蓋が閉じ切っていない状態ですと、

メガネ/サングラスフレームが落下し、

レンズの損傷や、

フレームの破損につながる恐れがあります。

 

あくまで大切なメガネ/サングラスを

保管することがケースの役割だと思います。

インテリアとしてお取り扱いの際は

ご注意くださいませ。

 

さて、

続いては大ぶりなメガネ/サングラスも

すっぽり収まる収納ケースをご紹介します。

その名も

「METRONOMEオリジナルケース」です。

最初にご紹介したブックケースと同じ材質で、

小物入れっぽいサイズ感だと思います。

開くとメガネ/サングラス1本分のスペースがあり、

先ほどのDictionary Book Trayよりも背が高いです。

大きめのサングラスなどでも安心してしまうことができます。

「例えばどんなサングラスのこと?」

という例でお話ししますと、

下の写真に写っているもののように、

大ぶりなサイズのメガネ/サングラスでも

収納OKです。

このサイズ感のものですと、

4本収納用のDictionary Book Trayでは

少しはみ出るような感じになり、

先ほどお話ししたような

蓋が締まり切らない可能性があります。

 

そういったものでも

すっぽり収まるケースが

METRONOMEオリジナルケースです。

先ほどのDictionary Book Tray同様に、

小物入れとしても便利です。

 

さて、

ここまで収納ケースを2つご紹介しました。

実は共通のデメリット(?)があります。

それは「持ち運びがしにくい」ということです。

 

どちらもかばんに入れて気軽に携帯、

というものではなく、

あくまで室内での保管・管理用の

収納ケースとして想定されているものになります。

そこで新たに誕生したのが

「METRONOMEオリジナルスリムケース」です。

先ほどまでの収納ケースとは違い、

名前の通りスリムなケースとなっております。

開けるとメガネ/サングラス1本分の

収納スペースがあります。

腕時計もいい感じに収まりそうですが、

基本的にはメガネ/サングラス専用ケース

という扱いでよろしいかと思います。

作りもしっかりしていて、

かばんなどに入れても

そう簡単に潰れる心配はないでしょう。

(*あまりにも強く圧迫すると、

破損する可能性はございます)

 

いかがでしょうか?

今回はMETRONOMEデザインが

自信を持っておすすめする

メガネ/サングラスケースということで

ご紹介させていただきました。

 

それぞれ特徴があり、

メリットデメリットがございます。

 

ユーザー様の用途に合わせて

お選びいただけたらと思います。

今回ご紹介したケース類はこちらから

詳細を確認できます。

 

それでは。

OKD↓

関連記事

【国内展示会】各ブランドの眼鏡(メガネ)/サングラスフレームと新作のご紹介!(METRONOME)

【国内展示会】各ブランドの眼鏡(メガネ)/サングラスフレームと新作のご紹介!(METRONOME)

【EC在庫情報】人気の跳ね上げレンズ仕様のサングラスを再販売します!

【EC在庫情報】人気の跳ね上げレンズ仕様のサングラスを再販売します!

【目の疲労軽減に】現代人に欠かせない?ブルーライトカットレンズの眼鏡(アイウェア)をご紹介 I METRONOME

【目の疲労軽減に】現代人に欠かせない?ブルーライトカットレンズの眼鏡(アイウェア)をご紹介 I METRONOME

x