【フレーム紹介】2022年の春夏のアウトドアに。METRONOMEのRushの調光レンズが活躍!I METRONOME

【フレーム紹介】2022年の春夏のアウトドアに。METRONOMEのRushの調光レンズが活躍!I METRONOME

 

 

こんにちは、ロンドンからスタートしたメガネ(眼鏡)/サングラスブランド、「METRONOME®」を販売するMETRONOME DESIGN INC.の日本オフィシャル通販サイト・METRONOME-Tokyo OnlineのOKDです。

当サイトでは、オリジナルブランドのメガネ(眼鏡)/サングラスを中心に、おしゃれ、ユニーク、機能的なフレームを販売・全国へお届けしています。

さて、当サイトをすでにざっと見ていただいた方、またはこのブログに来て、画像を見て初めてMETRONOMEのデザインを知ったという方は「なかなか奇抜なデザイン」と思われたのではないでしょうか?

まさしく、その個性的なデザイン性はMETRONOMEの強みとするところです。そもそもMETRONOMEとは?下記、Aboutページからの引用です。

2017年、ロンドンにて発表。その後、瞬く間に世界中のバイヤーか代理店依頼を受け、海外で一気に広がる。

毎年パリ、ミラノ、ニューヨーク、ロンドンでコレクションを発表している。

2018年〜、非公式ながらもパリコレクションに参加。日本からは唯一サングラスでパリコレクションに参加したブランドに。

一見奇抜ながらも計算されたデザインは、服飾とともに生きてきたデザイナーならではの、個体として、トータルファッションとしてのデザイン、ストーリー性が評価を受けているブランドです。

そのMETRONOMEのデザイン性は日本だけではなく海外でも高く評価され、2021年はパリ(フランス)で開催された国際展示会SILMO PARIS2021に出展。欧州各国を中心にバイヤーから多数のオーダーを受けました。

さてさて、ブランドの紹介が長くなりました。本題に戻りましょう。本ブログ執筆時点(3月末)で、2022年も春の模様になってまいりました。ようやく感染症も落ち着くかどうか、、、というところで少しずつですがまた外出の空気も戻ってまいりましたね。

また、3密回避、ということでアウトドアの人気も高まってまいりました。ユーザーさんの中には「サングラス」を着用される方も多いのではないでしょうか。

私(OKD)も、最近ではすっかりサングラスユーザーでして外出の旅に当社ブランドのサングラスを着用しております。そしてサングラスを使う上で、たまにあるのが面倒なかけかえです。

普段メガネを着用している人であれば、室内ではメガネ、屋外ではサングラスを変える必要がありますよね。これが地味に面倒だったりします。手軽になりたい時やちょっとした外出程度であれば、あまり荷物は持ちたくないもの。そもそも常日頃からメガネ、サングラスと2本以上持ち歩くのはちょっとかさばりますよね。

そこで今回おすすめしたいアイテムがMETRONOMEの調光レンズ採用『Rush』です。(前置き長くすみません、、、)

こちらのフレームはレンズに調光レンズというものを採用しております(*C5〜C7のみ)調光レンズとは、

屋外など紫外線量が多い場所ではサングラスに、室内ではクリアーレンズに自然と変化いたします。よって、メガネとサングラスを掛け替える必要がありません。当ショップのTradやResonanceシリーズにあるような跳ね上げとは異なる機能性の高さが特徴的です。アウトドアからインドアまで、そのまま活用できるレンズです。

という具合です。記載の通り1フレームでメガネ・サングラスの2役こなせるので、かけかえる必要がありません。個人的に私(OKD)もゴルフが趣味なのですが、なるべく身軽でいたいラウンド中などはありがたいのです(笑)

プレーしている最中はサングラスになりますし、屋内で食事するときはメガネに戻るので、レンズの変化が自然過ぎてそもそも調光レンズであることを忘れるほどです。

今回ご紹介しているMETRONOMEのRushですが、色違いのアセテートの上にまとわるように、チタンがフレームに一体化した重なり織りなすデザインとなっています。

フレームカラーは全7色。そのうちのカラー番号C5〜C7の3フレームが調光レンズ採用となっております。私(OKD)が個人的に使用しているのはC7:MAT BLACK x WHITE DEMI x MAT BLACK x Color control lensesです。英語でColor control lenses(調光レンズ)とついているものをお選びください。

いかがでしょうか?派手目なデザインが目を惹きがちですが、こういった機能性の高いメガネ/サングラスフレームもコレクションの1つに入れておきたいものです。

ぜひぜひご検討くださいませ。またMETRONOME代理店、当ストア目黒事務所でのご試着等も可能でございますので、合わせてご検討くださいませ。(フレームの構造上、レンズ交換も可能ですので度入りレンズにも対応しています)

オンラインストアでのご購入はこちらをご確認くださいませ。

それでは。

OKD↓

関連記事

【調整・カスタマイズ】オンラインレンズ交換の流れ I METRONOME

【調整・カスタマイズ】オンラインレンズ交換の流れ I METRONOME

【2022年・日本国籍者向け】日本から海外旅行/出張にいく際に準備すべき物/こと。

【2022年・日本国籍者向け】日本から海外旅行/出張にいく際に準備すべき物/こと。

【ショップサイトマップ(その1)】メガネ・サングラスブランドMETRONOMEのサイトの使い方 I METRONOME

【ショップサイトマップ(その1)】メガネ・サングラスブランドMETRONOMEのサイトの使い方 I METRONOME