【2022年】メガネ/サングラスの素材お話(アセテート編) I METRONOME-Tokyo

【2022年】メガネ/サングラスの素材お話(アセテート編) I METRONOME-Tokyo

 

 

こんにちは、ロンドンからスタートしたメガネ/サングラスブランド、「METRONOME®」を販売するMETRONOME DESIGN INC.の日本オフィシャル通販サイト・METRONOME-Tokyo OnlineのOKDです。

当サイトでは、オリジナルブランドを中心におしゃれ・ユニークなデザインのメガネ/サングラスを全国へお届けしております。

メガネ/サングラスといえば、まずはデザインが注目されますが、素材に関しても掘り下げていくと色々種類があることがわかります。そして、使用する素材によってデザイン生が追求しやすかったり、アレルギーに優しい設計にできたりします。街の眼鏡屋さんを見てみても、太めのフレームや細めのフレーム、そしてプラスチック系やメタル系と、さまざまあるのがわかるかと思います。

さて、そんな素材について、今回はデザイン性とコスパの高さで知られる『アセテート』についてご紹介します。素材ページにも記載しておりますが、下記、デザイナーの解説記事がこちらです。

・・・

メガネを製造してるところは大体こちらです。管理、品質保持が難しいセルロイドの欠点を改めた、植物繊維由来の合成樹脂がアセテート。当ショップでも得意な素材でもあります。

一番扱い、加工しやすく、糸鋸とやすりさえあれば、器用な人ならある程度はできるのもこの素材。うちの会社での「プラ枠」と言うものは全てこれです。(「当社で」の下りは後述します)

色々で豊富な生地目が特徴、原材料価格もピンキリ。有名なメーカーだと「マツケリ」、「ダイセル」等があり、中国メーカーの生地ブランドも多々ございます。
で、僕は大体「ダイセル」or「金余(ジンユー)」で、青みの(寒色目、青とか緑)生地目だけ「マツケリ」という謎のルールを持っています。

値段で言うと

マツケリ > ダイセル > ジンユー

と言う感じですが、どうやら日本で頼むとどのメーカーもほぼ中国で生産したものが回ってくるので(マツケリだけ、難しい生地目デザインや、寒色で生地から企画すると、たま〜にイタリア本社からくる)、あまりここにこだわることはしなくても良いと思っています。(ただどのメーカーも、寒色に関してはマツケリほどの表現がないと主観で思います)

少し重いと言われますが、圧縮アセテートとかもあり、一概に言えない。マツケリ押しをするメーカーもあり、それはそれでもちろんいいですが、基本マツケリって乾燥していないのです。

ぐにゃぐにゃで来たりします。なのに高い。「沿ってる生地は大体マツケリ」とプラ枠屋さんならうなづいてくれるはずでしょう。なので、一概に「マツケリサイコー!」とはならないのです。だって、それが製品化されてるっておかしいでしょう。恐怖以外何者でもない!というわけです。

で、こう言うのの原因は、まず板状の際に、水分がまだ含まれていて、それが原因で反る、と言うのがおおおまかな原因で、

対処法としては

・有無を言わさずそのまま「マツケリだぜ!高いぜ!」と出す(客に不良だ!と思わせなきゃいい)が大半かもしれませんが、さすがに僕はできないので、

・乾燥させた(蔵に1年ほど寝かせた)生地を使用する

デメリット

流行に1年ほど乗れない、仕込んでから寝かす時間がかかる。

・強制的に乾燥させる

デメリット

費用がその分かかる、と言う感じで、上記二つ。

蔵に寝てるいい生地が出てくると嬉しいものです。もしくはここ少しポイントですが、上述した寝かせたクリアー系の生地(別にクリアーじゃなくても用は寝かせた硬い生地)と、生地目の沿ってる方向とは逆に圧着で重ねてしまう、と言う手もあります。

いわゆるギターのネックと同じ論理で、木を何枚も重ねて「3ピース」「7ピース」などと呼ばれるように、基本重ねれば重ねるほどこのアセテートも強度が増す理論は通用します。そこに反り防止、沿った際の手法として「芯(芯貼り、シューティングとも言う)」、ギターだと「トラスロッド」を埋め込む、という論理は全く一緒なのです。

少しそれたが、大体はこんな感じでアセテートはいいぞ!と言うものです。

それと、あと一つ。

最近、マット加工を別注でやり始めましたが、なぜ内側だけしないかわかりますでしょうか?

アセテートもセルも、基本なぜか使用してるとだんだんマット加工したみたいに部分的に白っぽくなってくるのです。それで、磨けば(バフですね)治るんですが、磨くと艶が出ます。そして、そうなると再度マット加工しなきゃで、その度に印字が消えるので入れ直す、というわけなのです。

それゆえ、内側までマット加工してあるフレームは大事にしてください。(裏を返すと、非常に修理に手間と費用がかかるのです。それから、印字がなくなるというのは、ブランド的にはアウトですよね。。。)

・・・

ちなみに、アセテート素材のメガネ/サングラスをマット加工するとこのようになります。艶をあえて抑えることで、シックな感じが増しております。

 当ショップでアセテート素材ですと、Resonanceが主に該当します。デザイン性は元祖METRONOMEを引き継ぎつつ、アセテート素材を使用することでコストを抑えております。

まずは手軽に始めたい、という方にもおすすめのおしゃれメガネ/サングラスです。人気のクリアー系、どんなシチュエーションにも合うブラック系などカラーバリエーションも豊富。そして形状もさまざま、ですのでご自身の顔に合わせてお選びいただくことも可能かと思います。

レンズ交換、フレーム表面加工にも対応しているので、カスタマイズ次第で可能性は無限大です。メンズ・レディース問わず、汎用性も高いです。

まずはこちらのフレーム一覧をご覧いただき、気になるアイテムを見つけてみてくださいませ。型それぞれカラーもバリエーションございますので、ぜひご確認ください。

それでは。

OKD ↓

関連記事

【ぜひ実物を見に来てください】Rhythm Waves 【C1 FOSSIL BLACK】I メガネ/サングラス

【ぜひ実物を見に来てください】Rhythm Waves 【C1 FOSSIL BLACK】I メガネ/サングラス

【2022年・日本国籍者向け】日本から海外旅行/出張にいく際に準備すべき物/こと。

【2022年・日本国籍者向け】日本から海外旅行/出張にいく際に準備すべき物/こと。

【2022年】元祖の魅力・Distortion melancholiaについて書いてみる(METRONOME・OKD)

【2022年】元祖の魅力・Distortion melancholiaについて書いてみる(METRONOME・OKD)