【2022年最新版】トレンドに負けない・個性溢れるメガネ/サングラスブランド I METRONOME

【2022年最新版】トレンドに負けない・個性溢れるメガネ/サングラスブランド I METRONOME

 

 

 こんにちは、ロンドンからスタートしたアイウェアブランド、「METRONOME®」を販売するMETRONOME DESIGN INC.の日本オフィシャル通販サイト・METRONOME-Tokyo OnlineのOKDです。

みなさん、普段はどのような眼鏡、サングラスをお使いでしょうか?それとも、今回初めて、もしくは買い替え用の眼鏡、サングラスをお探しでしょうか?

当ショップでは、ロンドンでスタートし、日本でも認知拡大中のメガネ/サングラスブランドであるMETRONOMEをはじめとする、複数のブランドを販売しております。

 

1. METRONOME(メトロノーム)とは

2017年、ロンドンにて発表。その後、瞬く間に世界中のバイヤーから代理店依頼を受け、海外で一気に広がる。毎年パリ、ミラノ、ニューヨーク、ロンドンでコレクションを発表している。

2018年〜、非公式ながらもパリコレクションに参加。日本からは唯一サングラスでパリコレクションに参加したブランドに。

一見奇抜ながらも計算されたデザインは、服飾とともに生きてきたデザイナーならではの、個体として、トータルファッションとしてのデザイン、ストーリー性が評価を受けているブランドです。

 

2. 思わず二度見するデザインのメガネ、サングラス

メトロノームのブランド商品で、まず特徴的なのはそのデザイン性。日本のみならず、海外からもそのユニークさを高く評価していただいております。

他にはないフレームが欲しい。とにかくおしゃれなメガネ/サングラスを探している。顔にもっと印象を持たせたい、自分の顔を飾りたい。普通のでは満足できない、もっと飛ばしたデザインを探していた。などなど、ここでしか買えない、孤高のブランドとして突き進んで参りました。

 

3. デザインだけじゃない。素材、技術が光る匠の技

METRONOMEのフレームはただおしゃれ、奇抜なだけではありません。素材にも徹底してこだわり、その道のプロがデザイン&設計いたしました。

METRONOMEのメガネ/サングラスフレームは「ハンドメイド」。フレームによっては一枚一枚削る加工も施しております。

 

 写真のアイテムは「化石加工」という技術で、フレームを1枚1枚削って仕上げております。1枚1枚削っておりますので、2つとして、全く同じ柄のフレームは存在しません。まさに「あなただけの1本」となります。

 

上記のフレームは、8mm厚のフロントリムに2枚のレンズを組み込んだ大振りのデザインとなります。内側、外側共にグラデージョンサングラスレンズを採用しています。また、そのグラデーションは内側、外側共にグラデーションの色移りを全て合わせています。

遠くから見ても分かるオリジナリティあるデザインで、PVにも登場するなど高く評価を受けております。

 

こちらは、テンプルに移り変わる東京の色をモチーフとした、カラフルな七宝が施されています。こうした工夫も、なかなかできることではありません。

 

こちらは比較的シンプルな形状ながら、レンズに「調光レンズ」を採用しております。紫外線量に応じてレンズの色味が変化し、紫外線の少ない屋内なのではクリアなメガネレンズとして、紫外線が多い屋外ではサングラスレンズとして、レンズカラーが変化します。

掛け替える必要がないため、屋外でのアクティビティの際に重宝されるフレームとなっております。

 

4. おわりに  ~メトロノームのサングラスとオリジナル収納ケース~

最後に、METRONOMEオリジナルケースをご紹介します。先ほどから、フレームの下に敷いている本のような箱、実は、こちらがメガネ/サングラス収納ケースとなっております。

 

開閉可能になっており、中に4本のメガネ/サングラスフレームを収納することができます。見た目が本のようなデザインとなっており、立てかけて使用することで、インテリアとしても評価の高い収納ケースとなっております。

いかがでしょうか。

当ショップでも2021年〜2022年の春夏、と最新トレンド商品も取り扱う一方で、そのブランドの礎を築いた元祖・METRONOMEもぜひご体感いただきたい。今回はそんな思いで記事を書いてみました。見れば見るほど、使えば使うほどハマっていくデザインのメガネ/サングラス。METRONOMEをぜひお試しください。

 

外箱、オリジナルケース、メガネ拭きと一緒にご自宅までお届けします。20,000円以上ご購入で送料無料。営業日15:00までのご注文及び決済で、即日発送。ぜひ、ご検討くださいませ。

 

今回ご紹介したブランドMETRONOMEの商品一覧はこちら

 

ケース、アクセサリーページはこちら

 

それではまた次回。

OKD ↑

 

関連記事

【2022年】メガネ・サングラスのサイズ・選び方について I Resonance

【2022年】メガネ・サングラスのサイズ・選び方について I Resonance

出張記録(その2)SILMOで好評だったアイウェアーご紹介します

出張記録(その2)SILMOで好評だったアイウェアーご紹介します

【2022年】メガネ/サングラスフレームを加工して、オリジナルの1本を I メトロノーム

【2022年】メガネ/サングラスフレームを加工して、オリジナルの1本を I メトロノーム

x