【2022年】チタン性・クラシックデザインのおしゃれなメガネ/サングラスの可能性 I Trad/METRONOME

【2022年】チタン性・クラシックデザインのおしゃれなメガネ/サングラスの可能性 I Trad/METRONOME

 

 

こんにちは、ロンドンからスタートしたメガネ/サングラスブランド、「METRONOME®」を販売するMETRONOME DESIGN INC.の日本オフィシャル通販サイト・METRONOME-Tokyo OnlineのOKDです。

当サイトではオリジナルブランドのメガネ/サングラスを国内、そして海外へ販売しております。(ロンドン発ではありますが、れっきとした日本企業です)

さて、メガネ、サングラスと言いますと、色々ございますよね。当ショップをざっと見ていただいても、形状、見た目などなど様々ございます。そしてそのフレームの元となる「素材」も様々なのです。

デザイン性に対して、コスパが良いと定評あるResonanceに関しては主にアセテートという素材で作られており、そこにステンレスが一部加わっております。

そしてもう一つ、Tradというブランドがあるのですが、こちらは主にチタンという素材で出来上がっているフレームとなります。今回はこのチタンを中心に、ご紹介していきたいなと思っております。

まずチタンに関する素材事情について、別のブログにてご説明しております。

主要製造国
日本 > 中国 > 韓国

海外展示会で「チタン」と言うと、「日本か?中国か?韓国か?」と聞かれるくらい。この3カ国でくらいしか作成してません(台湾あるかも)

むしろ、日本で工場さんに「メタルフレーム」と言うと、それすなわち「βチタン」と思われます。むしろ、「ステンでしてほしい」と言っても、「めんどくさいからチタンでよくない?」と言われ一蹴されます。

メリット
・日本が製造に慣れてるため、製造するのがとにかく楽である。背景も日本は豊富。
・慣れてるのでメッキや塗装がしやすく、品質もいい
・とにかく細くデザインできる

デメリット(僕の主観と経験から)
・コストが高い
・海外でよく「え、なんでタイタニウムなの?ステンで良くないの?」と本当によく言われる
・そのため、ステンレスに慣れてる海外のショップが、修理等で海外の店舗で直そうとしたときに近隣諸国で扱えないため、直接日本に戻ってくる。そのために輸送コストが負担に見られ、見送られること多々。
・再メッキが面倒
・メッキ屋さんが数少ないため、コスト的にも厳しい
・メッキ屋さんをどう抑えるか、でほぼ生産日数の運命が決まってくる

といった背景があり、主に日本向けの素材、といった感じですね。

そんなチタンですが、Tradではβチタンという素材を鼻パッドなどへ使用しておりアレルギーが心配な方でも着用していただけます。

そんなTradシリーズのコンセプトはこちら

デザイナーが得意とする「モード(前衛的な)」という意味合いと、「Classic(伝統的な)」を昇華させた、デザイナーの名前がブランド名に出る唯一無二の究極のクラシックデザインです。
 
眼鏡枠でデザイナーが感じていた無駄なもの(柄や模様)を一切そぎ落とし、「究極は無地のTシャツに辿り着く様に、結局はシルエットと機能性」というイメージを眼鏡・サングラス枠として突き詰めたブランドです。2021年、MIDOでローンチしました。
 
海外販売しやすい様に一山(鼻パッドがないもの)主体ではありますが、当たる場所に滑り止めを見えない具合で塗布していたり、クリップ一枚でサングラスに早変わりするなど、全てにおいて行われるものを、今後の「Traditional(Trad・伝統的)」に落とし込んでいく商品としています。

無駄なものを削ぎ落としたデザインではありますが、機能性は抜群です。ちょうど良い軽さのかけ心地、そしてブルーライトカットレンズ標準装備でデスクワークにも対応可能。クラシカルなデザインゆえあらゆる場面に活用可能です。

 ではでは、実物もせっかくなのでご紹介したいと思います。まずは人気フレーム、ラウンドシェイプ(丸眼鏡)が特徴の「Lily」です。

こちらですが、写真のようにサングラスとして使用できることに加えて、メガネとしてもご活用いただけます。仕組みはグレーのレンズ、こちらが取り外しできるのです。クリップレンズとよばれる外付けサングラスレンズで、着脱することでメガネ、サングラスとどちらでも使うことができます。

このクリップレンズ式のフレームですが、2022年2月現在で3型あり、形状によってもお選びいただけます。またサングラスレンズについては3色あります。ブルー、グレー、イエローとこちらもそれぞれお選びください。ちなみに、クリップレンズを複数揃えることで付け替えを楽しむことも可能です。

(ただし、フレーム形状に対応した専用のクリップレンズですので、型が異なるフレームへ装着することはできませんので、ご注意ください。例:Lily対応のクリップレンズを、他のフレームへは装着できません。)

そして、もう一つはこちらも日本向けなデザインに仕上がったシリーズ↓

カラーも各型3色ございますので、ぜひ色々見ていってください。

こちらもブルーライトカットレンズ搭載。このデザインなら、おしゃれな雰囲気をだしつつ職場にも出て行けそうです。

実は、フレームのマット加工もできます。あえて艶を抑えることで、よりシックな感じ、クラシカルな、落ち着いたフレームに進化します。

いかがでしょうか?ご自身のお仕事用に、また、ご友人へのプレゼントに。幅広く活用していただけるTradのメガネ/サングラス。また、レンズ交換も可能です。ですので度入りレンズや、カラーレンズへの交換なども可能です。ぜひご自身だけのおしゃれなフレームを作ってみてくださいませ。

Tradのフレーム一覧はこちらからご確認いただけます。

また、ブログにて言及したフレーム加工、レンズ交換も当ショップにて対応可能です。詳しくはこちらをご確認くださいませ。

何かご不明点等あれば、お気軽に画面左下のチャットからご連絡お待ちしております!

それでは

OKD ↓

関連記事

メガネ/サングラスがぴったり合っている状態とは? I METRONOMEスタッフ

メガネ/サングラスがぴったり合っている状態とは? I METRONOMEスタッフ

【2022年・日本国籍者向け】日本から海外旅行/出張にいく際に準備すべき物/こと。

【2022年・日本国籍者向け】日本から海外旅行/出張にいく際に準備すべき物/こと。

【ぜひ実物を見に来てください】Rhythm Waves 【C1 FOSSIL BLACK】I メガネ/サングラス

【ぜひ実物を見に来てください】Rhythm Waves 【C1 FOSSIL BLACK】I メガネ/サングラス