メトロノームトーキョーのオンラインレンズ交換で使用している「薄型非球面レンズ」は軽くて視界がクリアであるなどメリットがたくさんあります

メトロノームトーキョーのオンラインレンズ交換で使用している「薄型非球面レンズ」は軽くて視界がクリアであるなどメリットがたくさんあります

こんにちは

ロンドン発のアイウェアブランド

METRONOMEを販売するオンラインストア

METRONOME Tokyo OnlineのスタッフOKDです。

 

今回は眼鏡屋らしくレンズのお話です。

眼鏡レンズには形や特性などについて

さまざまな違いがあります。

今回はレンズの「形」のお話として

当サイトがレンズ交換を受けた際に

主に取り扱っている「薄型非球面レンズ」という

レンズの魅力について書いていきます。 

薄型非球面レンズ」とは

その名の通り「薄さ」が魅力です。

薄い分、軽量化できているのでかけ続ける際の

負担も軽減されることが期待できます。

 

そして

「薄型非球面レンズ」の人気のワケとも言えるのが

「非球面」という形状です。

非球面であることで球面レンズと比較した時に

より広い視野を確保することができます。

さらに周辺視野の歪みやぼやけを減らし、

視界のクリアになります。

非球面であることで色収差(いわゆる色ボケ)を

より効果的に低減することができます。

色のぼやけや虹彩効果の軽減が可能になることでも

クリアな視界を実現することにつながっています。

 

視力補正(いわゆる度入りレンズの作成)にも

被球面であることは一役買ってくれます。

薄型非球面レンズは

光の屈折や散乱によって生じる収差の軽減にも

有効で度入りレンズの中でも度数の強いレンズや

遠近両用レンズを作成するのに向いています。

 

その分費用的に高めの傾向はありますが

金額通りの価値があると考えて良いと思います。

ただし、

度入りレンズの作成にあたっては

フレームの形状やご自身の目の状態など

さまざまな要素を踏まえて作成する必要があります。

とりわけ初めての度入りレンズ入りの

眼鏡を発注する際などはオンラインよりも

実店舗(オフライン)の眼鏡屋さんなどへ

お願いする方が正確なレンズ作成につながると

考えております。

 

METRONOME Tokyo Onlineの正規代理店

その他お近くの眼鏡店などでご相談ください。

 

それでは。

OKD

関連記事

【2023年】アウトレット限定・個性的なデザインのおしゃれなアンダーリム型アイウェア(レンズ交換も可能です)

【2023年】アウトレット限定・個性的なデザインのおしゃれなアンダーリム型アイウェア(レンズ交換も可能です)

(2024年7月イベント情報)有楽町・マルイ サングラスPOPUPストア開催予定のお知らせ

(2024年7月イベント情報)有楽町・マルイ サングラスPOPUPストア開催予定のお知らせ

度入りレンズ作成のための眼鏡処方箋(レンズデータ)の取得方法

度入りレンズ作成のための眼鏡処方箋(レンズデータ)の取得方法

x